コレステロールはバランスが大切 HDLを増やしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちはもりりんです(・∀・)つ

今週もよろしくお願いします(●´ω`●)。
さて、先週はメタボリック症候群についてお話させていただきましたがその中で
●腹囲
●血糖値
●血圧
●中性脂肪
●HDLコレステロール(※この値は高い方が望ましい)
の5項目のうち3項目該当するとメタボリック症候群と診断しましょうとある議会で決まったと紹介させていただきましたが、

今回はその中でもHDLコレステロールをピックアップしてお話したいと思います。

「中性脂肪まではは知っているけどHDLってなんだろう。。。。?(ノ◇≦。) ビェーン!!」という方も多いのではないでしょうか。なんだかピンときませんよね。

HDLは一般的に『善玉』と呼ばれています。
働きは血中の余分なコレステロールを肝臓に運んでくれます

これに対して、LDLまたの名を『悪玉』と呼ばれています。
働きは逆に肝臓から体内の細胞にコレステロールに運びます。働き自体が悪影響なわけではなくこのLDLが過剰になりすぎると血中のコレステロールが増加して動脈硬化などの原因になると言われているんです

病院などでコレステロールの値を検査するときは
HDLコレステロール+LDLコレステロール=総コレステロールの値を見ます

ですからHDLとLDLのバランスが大切なんです。LDLが少々高い値でもHDLの値が高ければ異常なしと診断される場合もありますし、LDLがそれほど高くなくてもHDLの値が低ければ要経過観察、または生活改善となってしまうわけです

しかもコレステロールの値は
「来週検査だから今日から運動しなきゃε=ε=(;´Д`)。」と思っても数カ月、年単位で緩やかに変動しているのですぐには変わりません

ですから日頃の生活習慣が大切になってくるんですね。確かに食べなければコレステロール(脂質)は減りますがみなさんにはお勧めできません!健康を害してしまいます

僕がお勧めしたいのはしっかり栄養を摂って適度な運動をして筋肉をつけることです。筋肉がつけば基礎代謝量が上がるので同じエネルギーを摂取しても体に余分なエネルギーを蓄積させることなく代謝してくれますよ。

ここで一言言わせて下さい。

貯金をして支出を減らしましょう
おっと間違えました。
貯筋をして脂質を減らしましょう

すいません川・ム・川。どうしても言いたかったのです。ただとても大切なことなので頭の片隅に置いといていただけると幸いです

いきなり運動量が多いと体を痛めてしまう危険性がありますのでまずはウォーキングなどから始めてみてください。中性脂肪に関してはわりとすぐに変化が出ると思います

それでは今週も骨格屋のブログを読んでいただきありがとうございました
もりりんでした。(・◇・)ゞまた来週
=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ブログ内の検索

2009年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

コメントを残す


1 × 4 =