「笑いに勝る良薬なし」は本当だった!笑いで癌をやっつけろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちはもりりんです。
みなさん最近笑いましたか?

今回は骨格屋西口増田さんのメールマガジンにかなり影響されて『笑いと健康』についてお話します。

日本には「笑う門には福来る」や「笑いに勝る良薬なし」など昔から笑うと幸せや健康がやってくるということわざがありますが、みなさんもどこかで笑うと健康になると聞いたことありますよね(*゚∀゚)っ

笑いは誰もが先天的にもっている

そもそも「笑う」という行為は生後5週間位でもはっきりと表れ、先天的に目が見えなくても同様に表れるようです。ですので人間が先天的に持っている行動と言えます
本来は有害なものから身を守るための防御反応であった動作が進化した霊長類では危険の伝達、さらに攻撃してくる相手に対して親しみを示すための表現に発達したということです。(「ヒトはなぜ笑うのか」志水彰著から)

 

この防御反応であるはずの『笑い』が体に良い影響を与えるということが今までの研究で明らかになったんです。

笑い効果で炎症を軽減!?

慢性関節リウマチという免疫の病気があります。徐々に関節が破壊されて激しい痛みも伴うという難病です。日本医大の吉野槙一教授が関節リウマチ患者26人に落語を1時間観てもらいその前後で血液検査をしたそうです。

 

結果、炎症や免疫疾患の発症に関与するといわれるインターロイキン6が26人中22人顕著に減り、中には落語を観る前に健康な人の10倍以上あった方が正常値まで下がった方も居たそうです。オオーw(*゚o゚*)w

実際痛みの度合いを聞き取り調査しても20人が痛みが軽快したと回答したそうです。

鎮痛に関しては笑うという快感が脳内でベータエンドルフィンというホルモンの分泌をうながし鎮痛したのではないかと思われます。ベータエンドルフィンは麻薬のモルヒネの6.5倍もの鎮痛作用があるんです。

笑いは癌にも効果がある

それだけでなくガン患者にお笑いの公演を3時間観てもらい血液検査をしたところ
体の中をパトロールしてウイルスやガン細胞に攻撃してくれるナチュラルキラー細胞(NK細胞)の働きが観る前に低かった方が観た後に正常範囲まで上昇したそうです。(゚ロ゚;)エェッ!?

 

笑いについてはまだまだ研究段階ではありますがなんだか体にとって他にも良いことがたくさんありそうです。

リラックスして心の底から笑うことが大切です(´∀`*)。.。゚+.(・∀・)゚+.゚

それと日本のことわざだけでなくフランスの哲学者のアランと言う人も
幸福だから笑うのではない、むしろ笑うから幸福なのだと私は言いたい
と言っています。

笑いについての認識は世界共通なんですね。

お正月はたくさんお笑いの番組がありますよね。1年の初めにたくさん笑ってたくさんの幸せと健康を手に入れましょう。

骨格屋はあなたの笑顔に満ちた人生が送れるように一生懸命サポートしていきますね

今日も骨格屋のブログを読んでいただきありがとうございました

もりりんでした(・◇・)ゞ
=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ブログ内の検索

2009年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

コメントを残す


11 − ten =