骨格屋ブログの読者のみなさまコンニチハ
西口店の中北です

今週は季節外れの暖かさで過ごしやすいですね
私も休日は雑草抜きにいそしんでます

それでは早速、今日のブログのテーマなんですが・・・

「顔面神経痛」

この言葉を聞いて、みなさんはどんなことを想像しますか?

「そのまんま、顔が痛いんじゃないの?」( ・Д・)

という方がほとんどだと思います

それでは、正解を見てみましょう・・・・・・

正解です

確かに顔が痛い場合、顔面神経痛と言われるでしょう

なんじゃそりゃと怒る前に、続きがあるので抑えてください

実は、人間の体には「顔面神経」という名前の神経があります

でも、この神経は顔の感覚とは関係ないのです(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

実際に顔の痛みを感じるのは「三叉(さんさ)神経」という神経なんです(゚ロ゚;)エェッ!?

痛みや触覚という情報は、神経を伝わって脳に伝えられています。また、筋肉を動かす情報も、脳から発信されて神経を伝わって、各筋肉に伝えられます

上記の「三叉神経」は、主に顔や角膜の感覚を脳に伝えるのと、咀嚼(そしゃく)筋と呼ばれる、口で物を噛む時に使う筋肉を動かす命令を伝えています

それに対して「顔面神経」は、舌の前2/3の感覚を脳に伝え、顔の表情を作る筋肉(目を閉じたり、眉間に皺を寄せる筋肉)を動かす命令を伝えます

ちなみに、舌の後ろ1/3の感覚は、舌咽(ぜついん)神経というまた別の神経が脳に伝えます

少し難しくなってしまったので、まとめてみましょう

一般的に
「顔面神経痛」=「『顔面の神経』が感じる痛み」=「三叉神経痛」

「顔面神経痛」≠「『顔面神経』が感じる痛み」

「顔面神経痛」という言葉をどこで区切るかによって、全く意味が異なってくるということですね

もし、「顔面神経の痛み」を「顔面神経痛」と言った場合は、舌の痛みになるわけですが、このような表現はあまりされないので、日常会話では「顔面神経痛」=「三叉神経痛」と考えて良いと思います

顔の痛みは、神経の直接的な障害から起こる場合もありますが、筋肉や関節の機能異常から起こる場合もあります

骨格屋はそれらの原因を追究して、ベストなプランを提案していきますので、安心してご来院ください(⌒-⌒)

それでは、週末に向けてラストスパートで乗り切りましょう

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================