「症状」ではなく「原因」が大切。(おじいちゃん療術日誌)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんはもりぞうです

今日は僕のおじいちゃんが最近腰痛に悩まされていたので先週4日間施術をしに行ってきた報告をしたいと思います

僕のおじいちゃんは今年86歳になります。去年、医師の診察を受けたところ脳梗塞の瘢があるということで一ヶ月間医療センターに経過観察と、身体が自分が思うように動かないとのことでリハビリのため入院していました。入院した当初は車いすに乗り自分で用を足すこともままならなかったのですが、現在は自宅で車いすを使わず生活をしています。

おじいちゃんが腰が痛いとおばちゃんから聞きつけ話を聞いてみると朝起きてから一日中腰の痛みがとれないということでした。特につらい動作は座ってから立ち上がるときに腰全体に痛みが強く出るとのことでした。

身体にに触れてみると肩甲骨の辺りから腰にかけての筋肉がとても硬くなっていました
関節へのアプローチは高齢のため骨粗鬆症の疑いもあったのであまり強い刺激は入れられないと判断しました。

まずは筋肉に優しく刺激を入れ、少し緩んできたところで徐々に範囲をしぼっていきながらより深く探っていき身体のバランスを整えていきました。

初日と二日目は硬くなった筋肉ははなかなか緩まず本人も押されている感覚があまりないと言っていました。

またどんな格好で寝ているのか?と聞いたところ。
「仰向けで寝てるんだけど寝相が良くて朝まで同じ格好で寝ているんだよ。」と、自慢げに話していました。しかし高齢で筋肉や関節が硬くなり身体も不自由なので寝てしまうと体位変換を無意識的に出来ないのではないかと思い、寝方をまず横向きに変えてもらうことにしました。すると、寝方を変えた次の日には朝の腰痛は全くなくなったということでした

なぜでしょうか

要因はいろいろ考えられますが、まずは、仰向けで長時間寝ることによって背中から腰にかけて圧がかかります。寝返りもしないので常に同じ箇所に圧力がかかり血流量の減少によってブラジキニンなどの発痛物質がでてきます。

そして圧力がかかった筋肉の線維が細かい傷を負います。その際カルシウムイオンという物質が出てきます。カルシウムイオンとは筋肉を収縮させる時に発生しているのですが、その線維の傷口からカルシウムイオンが漏れて筋肉の収縮を勝手に促してしまうのです

じゃあほっといても戻るかと言うと戻りません(゚ロ゚;)エェッ!?。収縮した筋肉をまた緩めるためにはATPと呼ばれるエネルギーが必要です。しかし、血流不足は栄養不足でもあり弛緩せず緊張し続け悪循環を起こしやすいのです

おじいちゃんの場合は横向きに変えることによって(仰向けが悪いということではありません。)背中や腰にかかる圧力が軽減されて血流改善し新陳代謝が促され、エネルギーも生産され硬くなった筋肉も緩みやすくなったのだと思います。

その後二回の施術では、筋肉を緩めるアプローチと脊柱骨盤の調整をし、立ち上がりの際の痛みも取れました。
前半の施術中では「押されていることを感じない」と話していましたが、後半の施術ではそれもなくなったようです。

おじいちゃんは高齢で身体が不自由で寝返りがうてないこと、寝ている時間が長時間であるということが要素としてあったので、今回横向きで寝てこれ程大きな改善に結びついたのだと思います

もちろん二回の施術では目覚ましい変化はありませんでしたがその効果もあり身体が回復する手助けになったと思います。

みなさんに当てはまるかはわかりません。もしかしたらほとんどあてはまらないかもしれませんが、ライフスタイルを少し変えるだけで大きく変化が出る可能性はみなさんにもあると思います。

腰痛という「症状」ではなく「原因」が大切です

『どこをどう変えて良いか分からないよヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!』と、言う方は骨格屋が一生懸命サポートします
スタッフにお気軽にご相談ください

今日も骨格屋のブログを読んでいただきありがとうございました
もりりんでした。(・◇・)ゞ
=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

2010年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

コメントを残す