みなさんこんにちは!
ここ(ブログ)では「初めまして」の小林です
本日はもりりんとフューチャリングで参戦致しました。

私事なのですが、
先日(西口の中北先生と)結婚をしまして、苗字が変わりましたですので、今月から小林改め中北になります。
よろしくお願いします。

ではさっそく本編へ。
つい先日、「総合医療医ドクターG」というテレビを見ました

4人の研修医を回答者に、患者さんの症状の特徴と問診の内容をVTRでチェックして、病巣部と診断名を導き出す質問&回答形式の番組です

<ドクターG参考URL>別ページに飛びます。
http://www.nhk.or.jp/tamago/program/20090818_doc.html(PCで見れるHPです。)

内容は、ある患者さんの普段の何気ない生活をVTRにして、そのVTRからどんな疾患に罹患しているかを予測する と、いうものです。
みごとに見ただけで病巣部位を探し当てていました!
BSなので、いままで存在をしりませんでしたが、勉強になりました

一般的には、日頃患者さんの身体におこっている出来事を振り返り、「問診」で引き出すことで60~70%の疾患の診断が出来ると言われています

有効な治療をするためにはしっかりした筋道を立てる必要があります。
筋道を立てるためには患者さんから引き出される正確な情報が大切になってきます。

あなたにとってはほんのささいな出来事や癖でも、
ドクターにとっては大切なヒントになる場合があるんです

ドクターGでも、患者さんのほんのささいな生活の一部を見て疾患を導き出していたように、私たちもヒントを探そうと質問攻めをしてしまうこともあります
「そんなの覚えてないよ~」と言う時は遠慮なく言ってくださって大丈夫です

自分の身体を守るため。また、正確にドクターにわかってもらうために細かく覚えていたほうが良いものもあります。
伝える内容は、、、

1、いつから
2、きっかけは
3、経過は良いか、悪いか、変化なしか
4、身体全体の変化があったか(熱・めまい・吐き気・悪寒など)
5、同じような状態を繰り返したことがあるか
6、家族に似た症状の人はいるか
7、生活や仕事の中で症状の軽減・悪化はするか
あくまでも参考にしていただいて覚えていないとダメということではないです

自分の身体を再確認する場合に、こんなことに気づいたら気を付けてください。
1、安静にしていても痛む(楽な姿勢がない)
2、夜間痛があり、ほとんど寝られない
3、あきらかに悪化している

その症状の裏には重大な疾患が隠れていることがあるので、医療機関を受診していただくと良いと思います。

骨格屋でも、施術を始める前に問診と施術説明の時間を10~15分とることがあります。
状況を把握して、今からご自分の身体におこることを一緒に確認していただきたいからです。施術の途中でつらかった動作が変化しているかを確認させていただくこともありますが、
それは見立てたポイントがあなたの身体にとって有効であるかを確認することで今後の改善の目安と来院のペースなどを把握するためです。

つまり
今日の話をまとめますと、

1、日常のなかに大切なサインが隠れています
2、それは大事なヒントになります
3、毎回の施術の変化も参考にして施術プランを立てていきます

…4、ドクターGはBSじゃないとみれません(くやしいです(TДT))

おかしなシメでした。おそまつさまです
=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================