痛みの捉え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさん、こんにちは(・∀・)つ
2週間ぶりの西口中北です

今日のブログは「痛み」について書いてみようと思います

みなさん、痛みに対してどんなイメージを持っていますか?

「痛い」=「悪い状態」というイメージがありませんか?

それに対し「痛くない」=「良い状態」というイメージもあると思います

でも、ここでちょっと考えてみてください

「痛い」と感じる時が、身体の状態が悪い時なのでしょうか?

なんだか複雑な話になりそうですが、少しずつ整理していきますね

まずは、「痛み」が何のためにあるかを考えてみましょう

「痛み」は、警告反応の役目をしています

「痛み」は、身体に異常が起きた時に、脳にその場所や程度を教えています

怪我をした時を例に挙げると、

まず、怪我をした瞬間に出る強い痛みで、身体のどの場所が怪我をしたのかを伝えます

その後、じわじわと出る痛みによって、どのぐらい損傷しているかを脳に伝えているのです

このように、「痛み」という感覚は、身体に出た問題を解決するための重要な役割をしています

最近では、病態としての慢性痛があることもわかってきたので、全ての痛みがこのような機能を果たしているわけではありません

それでも、「痛み」自体が悪いものではないことはわかってもらえたのではないかと思います

さて、これを踏まえて、人の身体の状態にはどんなケースがあるでしょうか(*^・ェ・)ノ

簡単に考えて、4つのケースが考えられます

1.身体に問題があって、痛みがある
2.身体に問題があって、痛みがない
3.身体に問題が無くて、痛みがある
4.身体に問題が無くて、痛みがない

この中で、1と4は正常な反応であることにお気づきでしょうか?

4については言わずもがなですね

では、1はどうでしょう?

身体に問題があったときに、痛みが警告反応として重要な働きをするのが理解できると、これも正常な反応であることがわかります

となると・・・・・・・・・、

2と3は正常ではない、つまり異常な状態となるわけです

それでは、この2と3のような時は、何が本当の問題なのか

痛みがあっても正常で、痛みが無くても異常な状態とはどういうことなのかそして、真の健康とは

迫りくる謎、そしてその後に来る意外な結末

川口発、制作費0円、超大作のクライマックスが、ついに次週公開

前フリをやり過ぎて若干不安になりつつ、また来週に続きます…

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

2010年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

コメントを残す