ウォーキング&ジョギング始めたけど何時間くらいやれば良いのかしら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは もりりんです。
梅雨まっさかりでじめじめしていて何だかスッキリしませんね。

雨も降りやすいので急な雨で体を冷やして風邪をひかないようにみなさん気を付けて下さいね。
折りたたみ傘はお守り代わりになりそうです。

さて、前回は「ウォーキングとジョギング」で体にかかる負荷について書いたんですが

今日は『ウォーキングやジョギングはどの程度の時間すれば良いの?』です。

ダイエットの目的であれば、
「長ければ長くやるほど良いんじゃないか?(*゚∀゚)っ」と、思ってしまいがちです。
ですが、一度で大きな効果を期待して長時間してしまうと、ケガや疲労感でせっかく運動を始めたのに続かない。。。。。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

なんて経験がある方も多い?のではないでしょうか。
でも、逆に運動時間が短すぎても有酸素運動の効果である、基礎代謝の亢進やダイエット効果はあまり期待できなさそうです。

運動時間の目安は20分以上行ってもらうと良いです。できれば30分以上持続してもらうのが望ましいです。
一方で、疲労の蓄積起こさないためには、個人の体力によって異なるのですが、長くても90分以内、標準的な時間としては60分以内がおすすめです。( ´∀`)つ
(健康づくりの生理学参照)

30分以上60分以内をおすすめするには理由があります。

この図を見て下さい。

運動時の燃料供給のグラフ

▲有酸素運動時のエネルギー供給源の変化
(グラフはフィットネスかわら版からお借りしました。)

横のラインが運動する時間。縦のラインが体内の糖質と脂質のエネルギー供給率を表しています。

図を見ると、
糖質は運動する時間に伴って供給率が下がっていきますが、それに反して脂質の供給率は徐々に上がっていきます。

ということは、運動を始めて最初の20分までは主に糖質がエネルギー源として供給され、本当に無くなって欲しい中性脂肪などは、運動を始めて20分まではほとんど消費されないということです。

ですので、体脂肪を減少させ、ダイエットや生活習慣の予防や治療を目的とするのであれば
20分以上の有酸素運動を行うのが効果的ということになります。

また、長くても90分以内とさせてもらいましたがあくまでも目安なので、90分以上はしないで下さいということではありません。
体力差があるので自身の体と相談して行って下さい。ただし決して無理は禁物ですよ

慣れていない方は、先ず20分程度から始めて徐々に60分程度まで時間を延ばしてもらうと良いと思います。

ウォーキングやジョギングをしようかなと思っている方や、始めたけどどれぐらいすれば良いのか分からないという方は是非、参考にして下さいね。

夏に向けてダイエットネタが続いてますが、何か知りたいことや扱ってほしい題材があればどしどしホームページやスタッフにご意見ご感想をお気軽に寄せて下さいね。

今日も骨格屋のブログを読んでいただきありがとうございました。
もりりんでした(・◇・)ゞ
=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ブログ内の検索

2010年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

コメント

  1. かずママ より:

    ふむふむ(◎-◎;)
    今日も大変参考になりました。ありがとうございます。
    最近、ストレッチなどを始めてみました。理由は………40を越してからというもの、体重はさほど変化がなくても体脂肪率があまり減らない…いや増えてきているという現実に《中年太り》という言葉が~ 
    頑張って丹田呼吸してみたり(←難しいです…)ストレッチしてみたり色々組み合わせてやっていますが、今日はなんか右脇腹が痛い…  
    ウォーキングも時間作って30分くらい歩けるようになりたいです。まずは目指せ!20分ですね。ウォーキングというと、ただの”歩き”じゃなくて、やはり腕振ったほうがいいのでしょうか?

  2. もりりん より:

    かずママさんいつも骨格屋のブログを読んでいただきありがとうございます。
    ウォーキングでの運動効果を上げるのであれば腕の振りを付けてあげた方が良いと思います。
    ちなみに、ウォーキングの基本姿勢は
    ●肩の力を抜き、リズミカルに。
    ●腕を振る高さは、手が心臓よりやや上
    とあります。
    腕を振ることによって、反動で足が大きく踏み出せるからです。
    大切なことは肩の力を抜いてリラックスして、伸び伸び行うことです。
    まずは楽しく、徐々に運動時間を延ばしていきましょう。
    暑くなってきましたので、熱射病などにも気を付けて無理せずウォーキングを行って下さいね。
    また読んでいただけるように日々精進していきます。
    では、失礼します。

コメントを残す


16 + eleven =