2010年 11月 の投稿一覧

ダイエット成功への道3 脂肪を燃焼するトレーニング方法

こんにちは、骨格屋川口東口店の山田です。

さて、ダイエットの目標を立てて、マフェトン理論の実践で2か月弱になりました。
私の体重はいかに
文末で発表しますね

ダイエット成功への道のカテゴリは全部で3つ
1.自分をコントロールする方法(目標を立てる)
2.脂肪燃焼を促す食事の仕方
3.脂肪燃焼トレーニング(効果的な運動方法)

脂肪燃焼トレーニング(効果的な運動方法)

脂肪を効率よく燃焼させるには、以前もりりんのチキン?ソッキン?セッキン?ハッキン?なになになんだ?で紹介した、遅筋の活動を活発化させることにより、血液中の糖分ではなく脂肪分をエネルギー源にして運動できる身体を作ることが必要となります。
マフェトン理論では遅筋をエアロビック筋と呼び速筋をアネロビック筋と呼びます。

私たちのエネルギー源は糖質と脂肪の2つ

私たち人間は主に糖質と脂肪をエネルギー源にして活動しています。脂肪は体脂肪として体内に蓄えられています。一方、糖質はグリコーゲンという形で蓄えられていますが、その量は限られておりすぐに使いきってしまいます。
それに対し脂肪は豊富に蓄えられていて、エネルギー量が大きいので枯渇することはありません。

しかしたっぷりと脂肪を蓄えている人が持久力が必要な運動が得意かというと、そうではありませんよね。むしろ苦手です

多くは慢性的な運動不足で、エアロビックシステム(運動のエネルギー源として脂肪分を燃焼する働き)がうまく働いていないので、脂肪分が燃えにくく、糖質を浪費するので、すぐに疲れてしまうのです(ゼェゼェ)

脂肪を燃焼させるには

・エアロビック運動をくり返し行い、エアロビック筋を鍛える。
・エアロビック運動をするには心拍数がカギ。
心拍数を管理し最大エアロビック心拍数から外れないようにしよう。
・最大エアロビック心拍数を設定するには、180公式が必要。
エアロビック運動を維持するには180公式で求めた最大心拍数を超えないようにしなければいけません。

180公式:最大エアロビック心拍数の求め方

A:2年以上の間、順調にトレーニングができており、競技の成績が伸びている。
180-年齢+5
B:過去2年間、風邪をひいたのは1度か2度で、大きな問題もなくトレーニングもできている。
180-年齢
C:競技の成績が伸び悩んでいて、よく風邪をひいたり、故障やけがをくり返している。
180-年齢-5
D:病気にかかっていたり、治ったばかり、手術したばかり、退院したばかりもしくは投薬中。または運動習慣がない。
180-年齢-10以上

運動時の心拍数は上の公式で出した最大エアロビック心拍数を上限としてそこからマイナス10拍の間です。
たとえば38歳で運動習慣がなかった私の場合では、「180-38-10=132」が最大エアロビック心拍数となり運動時の心拍数が122拍~133拍になるように調整をします。

エアロビック運動で目指すのは、運動のエネルギー源として脂肪分を燃焼する働き(エアロビックシステムと呼びます)を発達させることです。
運動中に最大エアロビック心拍数を超えると、活動の主体が急激にアネロビックシステム(運動のエネルギー源として糖質を燃焼する働き)に変化し、脂肪燃焼が抑制され、より多くの糖質が燃焼してしまいます。しっかりとしたエアロビックシステムを発達させるためには、すべてのトレーニングをエアロビックレベルで行うことが大切です。

心拍数を管理するには、ハートレートモニターというものが必要になります。安いものから高級なものまで色々な種類が出ています。競技能力の向上を目指す方は用意することをおすすめします。
ハートレイトモニタ

腕時計型のモニターと心拍数を検出する胸に巻くベルト

普段運動不足でとりあえずウォーキングからという方で、ハートレートモニターを使わないのであれば(ウォーキング程度では最大エアロビック心拍数を超えないので)、一回20分以上で週に4日を目安に歩きましょう。

結果発表です

ダイエットを始めて2カ月弱くらいですが、マイナス3.5kgになりました
見た目がまだ大きく変化していないので皆には気がつかれませんけどね・・・
21時過ぎに帰宅してから食事をするので、なかなか食事の管理が難しいですね。
一応ハートレートモニターも購入しましたが、通勤時の片道30分くらいのウォーキングでは、心拍数があがらず宝の持ち腐れ状態にいます
ジョギングでもしよっかな~

それでは、また

参考文献:実践的マフェトン理論(中塚カイロプラクティック研究所発行)、脂肪を燃やすトレーニング(宝島社新書)

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================

加齢臭の基礎知識偏 加齢臭チェックと原因物質「ノネナール」

みなさんこんにちは中高年の味方、骨格屋の増田です。
今回は「加齢臭」についてです。

加齢臭というと「カレー」の臭いと勘違いしている人もいると思いますが(いないよ)
いわゆる中高年特有の体臭で「オヤジ臭」というものです。(´;ω;`)(終電近くの満員電車の中)

私もニオイは仕事上、気になるものですが一番厄介なのはニオイは本人がなかなか気付かないということです。

気にし過ぎてノイローゼになる必要もないですが全く気にしないというもの周りが迷惑というものですね。

これから2回にわたり 1 加齢臭チェック 2 加齢臭基礎知識 3 加齢臭対策をお伝えし、皆さんの暮らしに役に立てて頂けたらと思います。(今回は1,2をお伝えします。)

それでは早速、加齢臭チェックを紹介します。(お父さんのための加齢臭講座より抜粋)

1 加齢臭チェック

1. 朝ごはんはしっかり食べる
2. 料理はコッテリ派である
3. 3度の飯よりお酒が好き
4. タバコは1日10本以上吸っている
5. 夜更かしをするほうだ
6. 日々ストレスを感じている
7. 朝起きると枕が臭う
8. わかめ・玄米・こんにゃく・大豆・南瓜・バナナ・椎茸のうち嫌いなものが3つある
9. どちらかというと運動は苦手だ

診断結果

0個 :加齢臭とは無縁!このままの生活を維持しましょう。
1~3個:今のところ加齢臭の心配はなさそうです。
4~6個:危険!加齢臭がすぐそこに・・・。
7~9個:すでに加齢臭がプンプンと出ているでしょう。

いかがでしたか?
0個の人はこのままの素敵な生活を、そして9個の人は…yabai

だっ大丈夫です。基礎知識をつけ実践あるのみです。

2 加齢臭基礎知識

加齢臭を化学的に解明したのは化粧品メーカーの資生堂。
20代から70代男女のポロシャツに付着した成分を分析したところ男女とも40歳をすぎたあたりから特有の体臭成分ノネナールが検出されたとのことだそうです。

そしてこのノネナールというニオイ成分が加齢臭の原因です。

加齢臭の原因物質「ノネナール」

加齢臭の元となるのは、脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって生じる「ノネナール」という物質です。

40歳を過ぎると酸化に対する抑制力が低下し、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加しそれに伴って、体臭成分であるノネナールが急増します。

そしてこのノネナールは毛穴の奥の皮脂腺から分泌される脂肪酸(バルミトオレイン酸)が酸化したり、表皮のバクテリアが発酵して出来るニオイ成分と言われています。(これがニオイの原因と仕組みか!!)

加齢臭はどこから出るの?

一説に寄れば
カ)耳の後ろ
レ)顔のTゾーン
イ)首の後ろ、頭皮などが上げられます。

枕に嫌なニオイが染みついた、なんて聞いたことはありませんか?これは頭皮や首の後ろから加齢臭が発生しやすいことが原因だといわれています、

「加齢臭の原因と仕組みと発生する場所は分かったじゃ一体どうすればいいの?」

今回はここまでです。次回は「加齢臭予防と対策」をお送りします。
=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================

コタツで寝ると風邪をひいてしまうのは脳の勘違いだった!?

こんにちは
もりりんです。( ´∀`)つ

寒い日が続いていますが、冬はこれからですからより一層寒くなりますよね。

そんなときのコタツの存在はまさに『砂漠の中のオアシス』『闇の中の光』のようにほんとにありがたい気持ちになります。

でも、つい気持ちよくてコタツで寝てしまい。翌朝、腰は痛いわ、その上のどが痛くて風邪をひいちゃったことがあることがある方もいるのではないでしょうか。

僕自身もまったく同じことをしたことが何度かあります。

温かいはずのコタツで寝てしまうと何故風邪をひいてしまうのか、不思議な感じがする方もいると思いますが、これにはもっともな理由があるんです。

それは、コタツ中で眠っていると自律神経が働いて体温が下がってしまうからなんです。

「(゚ロ゚;)エェッ!?意味がわかんないんですけど(  ̄っ ̄)ムゥ。」

たしかに温かいのに風邪。。。?矛盾を感じてしまいますが、コタツに入っているとき下半身はやたらに温まりますが、外気に露出している上半身はそれほど温まりません。
むしろ、これから寒さが厳しくなる季節においてはむしろ寒いですよね。

下肢(脚の部分)が温められると脳に「温かい」という情報が伝わります。

昔から『頭寒足熱』と言われるように、足元を温めておけば温かく感じ、勉強や仕事に集中できます。さらにそれをすると健康になれるとも言われているそうです。逆に頭に温風が常に当たっていると、頭がボーっとしてしまいますが。。。。

しかし、健康法でもコタツの中で寝てしまうのは例外です。(´;ω;`)
では話を続けますね。
コタツで寝て足元から脳に「温かい」という情報が入ると、体全体が温まっていると勘違いして、自律神経を介して体温が上がり過ぎないように、体温を下げるように命令をします。

つまり、汗をかくなどなどして体温を放出するんです。

ところが、さっき言ったように上半身は冷たい外気にさらされているので、なおかつ汗をかいてしまうと。。。
結果は想像通り風邪をひいてしまうということになってしまうんです。

以前のブログでご紹介させていただきましたが、そんな状態で体が冷えてしまい、体温が1℃下がると免疫力も
かなり落ちてしまいますから、ウイルスにやられてしまいかねません。( p_q)エ-ン

コタツで寝てしまう人の気持ちが痛いほどわかる僕ですが今年の冬も元気に過ごしたいので、コタツで寝てしまわないように。眠くなったら布団へゴーを心がけたいと思います。

皆さんもコタツで体を壊さないように気をつけてくださいね

今日も骨格屋のブログを読んでいただきありがとうございました。

もりりんでした(・◇・)ゞ
=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================