シリーズ/人体の神秘 ミクロアドベンチャー 第4話:ピロリ菌の襲撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「うわぁっ、博士っ、大変です
アドベンチャー号が少し溶けてきてるんじゃないですか?」
「たっ、大変じゃ、胃酸が強力過ぎるんじゃ、えっっと・・・」

会話の途中ですが、こんにちは西口店の井岡です

人体の神秘に魅かれ、ヨネゾ博士と一緒にミクロアドベンチャー号に乗って、人体の中へとミクロの冒険を始めたアルボ君
前回は胃液の調節や胃潰瘍についてみてきました。

さて、なにやらアクシデントが発生した様子のミクロアドベンチャー号ですが、
一体どうしたのでしょうか

ガタンッ、ガタンッ

「ん?博士、何か音がしたような」
「気のせいじゃろ、それよりも胃酸に溶けないためのバリアースイッチどこだっけー、えーっと・・・」

ガタガタッ、ガタガタッ、ドンッ、ドンッ

「ハ、ハ、博士」
「なんだい、ちょっと今それどこじゃ・・・」

「ちょっと博士ってば、う、後ろに何かが・・・イマス
「えっ、どれどれ、うひょー
これはピロリ菌じゃー、襲ってきておるー

「博士ー早くなんとかしてー」
「えっっと、スイッチはどこじゃ~…。あった!粘液バリアー、ON!」

「博士ー、それワイパーのスイッチみたいですよ、
「えーっ、ホントじゃ、スイッチどこだ~」
「こっち見てにらんでるー、助けて~」
「お、あった、ON!」

「ふぅー、危ないとこじゃった。もうバリアーをはったから大丈夫じゃ」
「はぁー、ビックリした」

「でも博士、胃酸はなんでも溶かしてくれるはずなのに、何でピロリ菌は溶けずにいるんですか?」
「ふむ、それはじゃな、ピロリ菌は胃液を中和するための酵素というものを持っとるんじゃ。それを分泌して自分の周りを安全にしとるんじゃよ」

「んー、ずる賢いですね」
「同時に、毒素ももっているからやっかいなんじゃよ」

「あれ?ってことは、博士、アドベンチャー号の粘液バリアー効かないんじゃ・・・」
「えっ、あっ・・・・・・

ガタガタッ、ガタガタッ、ドンッ、ドンッ

「わぁー博士ー、ちょっと外見てください、たくさんのピロリ菌に囲まれてる~」
「ひょぉー、ホントじゃー」

「ちょっと博士、くっ、臭い~。こんなときにオナラしないでくださいよー
「違うぞぃ、わしじゃないぞぃ。これは・・・たっ大変じゃ、ピロリ菌の毒素で攻撃されておるぞぃ」

ピロリ菌は尿素を分解する酵素を持っているためアンモニアを作ります。
同時に毒素を分泌するため、アンモニアと毒素によって胃壁を傷つけるため、
胃炎や潰瘍の原因のひとつと言われています

「博士―、なんとかして~」
「こういう時はじゃな・・・・それっ、逃っげろ~

「ふぅぅー。アルボ君ここまで来ればもう大丈夫じゃ」
「はぁ~、助かった~」

やれやれ。アルボ君と博士、どうやら無事に逃げたようですよ。
さて、今日のアルボ君は、ちょっと厄介そうなピロリ菌のことを知ったようです。

「なんだかピロリ菌はずる賢そうだけど何故ここに・・・、どうやってやっつけるんだろう・・・」

つづく

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

2010年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

コメントを残す