みなさん、こんにちは
西口店の中北です

カイロプラクティックはよく「根本療法」という表現をされます

しかし、なぜ「根本療法」なのかを理解している人はいたって少数です

そこで今回は、他の療法と違い、なぜカイロプラクティックは「根本療法」と言われるのか、その理由に迫ろうと思います

まずは「対症療法」と「根本療法」の違いです

よく聞く「対症療法」という言葉は、「根本療法」の対義語として使われます

これらの言葉の意味を簡単に言うと、「痛み」という症状を緩和または消失させる療法が「対症療法」で、「痛みが起こった原因」そのものに対する療法が「根本療法」です

わかりやすい例を挙げてみましょう

乳児が泣いているとします

この時、ただあやすのが「対症療法」
おむつかな?ミルクかな?と泣いている原因を探し、それを解決することで笑顔にするのが「根本療法」

火災報知器が鳴っているとします

この時、火災報知器のスイッチを切るのが「対症療法」
火の元を消化するのが「根本療法」

だいたい想像できましたか?

結果だけを見ると、どちらの療法でも「痛み」の消失が期待できるのですが、一般的に「対症療法は良くない」と言われています

なぜでしょう

その理由は2つ

「対症療法」では、必ず再発します

そしてさらにやっかいなことに、必ず増悪します

上記の2つの例でみてみましょう

乳児をあやしてなんとか寝かしつけたとしても、次にはさらに大きな声で泣き叫ぶでしょう

これが再発

火災報知器のスイッチを切ってしまうと、もうこれは取り返しのつかないことになってしまいます

これが増悪

実は「対症療法」はただの「問題の先延ばし」=「保留」で、問題を全く解決していません

それに対し「根本療法」というのは、現状を把握し、そこから真の問題を見つけ、それを解決します

それでは、ここで例題です

あなたが昨日から腰痛になったとします

そしてある施術家に「その腰痛は、腰骨の動きが悪いことで起きているので、腰骨を動かしましょう」と言われたとします

さて、これは「根本療法」でしょうか?

多くの方は、これを「根本療法」と捉えていますが、実は違います

これも「対症療法」です

なぜかというと、「痛みを除去するために腰骨の動きをつける」からです

「痛みをどうするか」ということに思考のベクトルが向いている限りは、それは「対症療法」です

では、この場合の「根本療法」とは何なのでしょう?

「なぜ昨日から腰骨が動かなくなり、そしてなぜ今までは問題なく動いていたのか」

「根本療法」とはこの疑問に答えることです

カイロプラクティックでは、この答えを「背骨の問題により自然治癒力が低下したため」と考えます

このケースについては、「背骨の問題により自然治癒力が低下したため、自然治癒力で腰骨の動きを取り戻すことができなくなり、その結果、昨日から腰痛が起きた」という仮説になります

ここで注意すべき点は、ここで言う「背骨の問題」というのは、「動かない腰骨」とは別で、背骨のどこにでも起きる可能性があり、症状から特定することはできないということです

だからカイロプラクターは、腰痛でも首を、肩こりでも腰を、というように、必ず背骨全体をチェックするのです

そして「背骨の問題」があれば、その問題が自然治癒力を低下させていると考えて、そこにアプローチします

もし「背骨の問題」が無ければ、これは正常な反応による痛みであると考え、自然治癒力で痛みが消えるのを待ちます

さて、ここで1つの疑問が湧きます

それは「背骨の問題はなぜ起きたのか」ということです

この答えは「人それぞれ」です

例えば、ある人は交通事故のような物理的なことで起こります

ある人は、心配事や悩み事という精神的なことで起こります

またある人は、転職や転勤という社会環境の変化で起こります

これら、身体的・心理的・社会的要因が自然治癒力で適応できる限界を超えてしまったとき、背骨の問題が起きると考えています

なので、お話をいろいろと聞いて、その人の本当の原因を探していき、それに対する対処を提案します

ここに、カイロプラクティックが「オーダーメイド」と言われる理由があります

このようにカイロプラクティックは、痛みという現象に囚われず、痛みの意味を考え、ことの本質である自然治癒力の低下を改善し、再発を予防するためのセルフ・ケアを提案していくので、「根本療法」と言われるのです

最も優れた問題解決方法は、「保留」ではなく、「現象から本質を読み取り、それを解決し、さらに再発予防をすること」です

骨格屋では、セルフ・ケアを積極的に提案して、予防にも力を入れています

根本療法のカイロプラクティックで、真の健康を手に入れましょう

それでは、次回のブログをお楽しみに

~~OMAKE(⌒~⌒)~~
よく間違えられる「対症療法」と「対処療法」
「症状」に対して行う療法が「対症療法」なので、何らかの「対処」をするわけではありません
よって
○「対症療法」
×「対処療法」です

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================