2011年 3月 の投稿一覧

災害ボランティアができること。行く前に確認しておくこと

こんにちは、東口のもりりんです。

東北地方太平洋沖地震に被災したと思われる専門学校時代の友人が未だに安否確認が取れず、落ち着かない日々を送っています。

こんな時に自分は何ができるのかと無力感にさいなまれてしまいます。
日々報道される被災地の状況を目の当たりにするとと、考えるより行動ではないか?直接行って何かできることがあるのではないか?

と直結して考えてしまいます。

実際今の状況で仮に被災地に行ったら何ができるのでしょうか?

災害救援ボランティア活動が実際、現地の復興に大きな力を発揮しますが、西口中北先生のブログにある通りボランティア自身の行動と安全に責任を持つ必要があります。

また、行く際には必ず現地に設置されている災害ボランティアセンターに事前に連絡し、参加方法や注意点についても確認しなければなりません。

しかし、現在も災害ボランティアセンターの設置がすすんではいるものの、現地での緊急支援、状況の把握、道路等交通網の遮断、燃料・物資不足等により、実際に開設してボランティアの方々を受け入れる状況に至っていないところが大半だそうです。

ですので、こちらから気持ち一つで行っても現地の方々にかえって迷惑がかかってしまう場合も考えられます。

こちらに『全国社会福祉協議会・全国ボランティア・市民活動振興センターのボランティア関係の情報』(PC用)が載っていたので、ぜひ現地でという方は確認してください。

こちらには、『全国社会福祉協議会の災害時のボランティア活動について』(PC用)ありますのでこれも確認していただくと良いと思います。

被災地以外でもガソリン不足や放射能、停電など多くの状況の変化がある中で、個人個人が冷静に判断して落ち着いた行動をとることが、身の回りの大切な人、ひいては被災地の方々への貢献になるのではないかと思っています。

被災者ではない方も肉体的、精神的にも疲労している方もたくさんいらっしゃると思いますが、どうかご自身もご自愛ください。

いくら被災地の方々の気持ちを分かろうとしても、足りるとは思いませんが、本当に被災地の一日も早い復興を心より祈っています。

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================

地震後のめまいやふらつきの正体「地震酔い」と解消法。

東日本大震災の被害に遭われました皆さまへ
3月11日に発生した東日本大震災におきまして、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さま、そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。

西口店の井岡です。大地震から2週間が経ち、未曾有の大地震による被害の大きさに言葉を失います。被災され不自由な生活を余儀なくされている地域の皆さまの、一人でも多くの安全と一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

そして被災地の厳しい状況下での救援活動、原発の危機的状況下におきまして現場で勇敢に活動されている全ての方々に感謝と声援を送ります。

なんとなく揺れている感じがする・・・
地震の後、地震ではないのに揺れているように感じたり、ふらつきを感じるという声を耳にします。眩暈や吐き気、手足の冷え、冷や汗などの症状を訴える人もいるようです。

今回このような症状について、可能性として高いのが「地震酔い」と呼ばれるものです。これは、くるま酔いや船酔いと同じ原理のもので、視覚と平衡感覚に生じた一種のズレによって起こるものです。

視覚からの情報と平衡感覚(三半規管)の情報は密接な関係にあるため、長い周期の揺れが何度も続く場合に、この地震酔いが起きやすいと言われています。
今回の地震は長い揺れが続き、余震の回数が多いため症状に現れるようです。

そして、ストレスが原因となっていることも言われています。続く余震、また巨大地震が来るかも知れないという不安が症状を強めることになるそうです。
地震の影響により様々な面で、精神的にも肉体的にも疲労やストレスが大きくなります。通常の乗物酔いは直ぐ治まるものですが、余震を含めて今後の不安や恐怖といった強いストレスが、地震酔いの症状を大きくしてしまっているようです。

こうした不安が自律神経を乱すことになります。そのためリラックスすることが必要です。
対策としては、ゆっくりとした深い呼吸をする、温かいお茶を飲む、手足を伸ばしたりストレッチしたりする、肩を揉んだり叩いたりするなどして、身体の緊張を和らげるよにすることです。

がんばれ

一人一人が出来ること・・・私は今出来ることとして微力ながら電気・ガス・水道、生活日用品など節約しております。
がんばれ、日本! がんばれ、東北!

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================

震災への備え~自分で行う地震の対策と救助活動の準備~

みなさん、こんにちは。
西口店中北です。

3月11日の震災から1週間以上経過し、被災地は応急復旧期または復旧期という段階に入ってきています。

徐々に被災地も混乱から脱し始め、救援物資の受け入れ態勢も整ってくる時期です。

多くのメディアでは援助物資やボランティアのことが取り上げられていますが、今回のように、広い地域が震災を受けた場合や、他の地域(新潟、静岡など)での地震が併発している場合は、被災地への救援と同時に、自分たちの震災予防対策も行わなければならないと思います。

これはボランティアや救命の基本なのですが、まずは自分自身の安全を確保することが先決だからです。

自分が安全でないと、支援することもできません。

ですので今回は、自分で行う地震対策のポイントをいくつか紹介します。

1.家具の転倒対策

阪神・淡路大震災では、家具が室内を飛び交い、これが最大の凶器となりました。
犠牲者の10%が家具類の下敷きであったと言われています。

そこで、その対策としていくつかの方法を挙げます。

・床や壁にL字型の金具で固定する
・部屋の中央に置くロッカーなどは、背中合わせにもう1つの家具と連結させて安定させる
・家具は隣同士や上下段を連結し、3段重ねなどは不安定なので使用しない
・収納のポイントとして、軽いものは上の棚へ、テレビ・ガラス器具・薬品・重量物などは下の棚または床に置く
・リビングルームには背の高い家具を置かない
・普段使用しない家具は施錠しておく

このように、なるべく家具を固定し、落下や飛散により怪我をするものはなるべく低い位置に置くことがポイントとなります。

2.窓ガラスの安全対策

「落下ガラスは出刃包丁」と言われ、高所から落ちてくるガラス片は時速百キロを越えて大きな被害を出します。また、室内では散乱したガラス片が凶器となります。

このガラスの破壊や飛散対策として

・ガラスを「合わせガラス」または「強化ガラス」に変える
・古いパテ付きの窓枠は弾性シーラント(シリコンシーラント)に取りかえる
・内側に飛散防止用フィルムを貼る
・窓枠を取替えガラスに接触しないようにクリアランスを設ける

また被災時の対策として

・地震の際にカーテンやブラインドを閉める
・地震後はスリッパや靴を履いて室内歩行する
・ビルの下では、ビルの高さの2分の1以上離れて歩く

などが重要です。怪我は感染のリスクもあるので、細心の注意を払ってください。

3.救助活動のための準備

災害時は、消防や警察などはフル稼働となるため、このような公的機関の救助を待つとどうしても時間がかかってしまいます。さらに、現場での救助活動は3時間が勝負とも言われています。

このような状況下で、最も早く救助活動にあたることができるのが近隣者です。

ですので、次のような器材を用意しておくことで、家族や近隣の方々を救助できる可能性が高まります。

ハンマー、のこぎり、スコップ、鍬、はしご、ロープ、ウインチ、ジャッキ、エンジンカッター、担架、毛布、医薬品など

この中でも特に利便性が高いものが、のこぎり・ロープ・ジャッキです

災害時は、多くの家が倒壊していますが、これらの多くは木造の家なので、のこぎりがあることでそれらを切断することができるようになります。

ロープは様々な用途に使用できますし、ジャッキは車に常備されているので入手が容易な上、倒壊した家屋などの残骸を持ち上げ、救助の手助けとなります。

突然起こる災害には、予防や事前の対策をすることが重要です。

特に「地震大国」と言われる日本においては、どの地区でも対策が必須となります。

今後、被災時の被害を最小限にするためにも、ご家庭での対策をお願いします。

また、このような災害時の対応を学ぶことができる「災害救援ボランティア推進委員会」という団体があります。

私もこの団体に加盟していて、セーフティリーダーに認定されています。

こちらの基礎講座を受講することで、災害時の基本的な知識や技能を学習できると共に、上級救命技能も取得できます。

上級救命技能は、心肺蘇生やAEDの使用方法、傷病者の搬送方法や止血帯の巻き方などを学習します。こちらは地区の消防署などでも受講できます。

いざという時のために、このような講座を受講されることをお勧めします。

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================

元気をもらって、また誰かに元気を与えられるように!!

皆さんこんにちは。骨格屋の中北です。
がんばれ

地震から丁度一週間たちました。

被災地の状況のあまりの深刻さに言葉がありません。
自分が地震を体験した事、それ以上の被害が被災地にあること。
気持ちがどんどんと重くなってしまっていましたが、

ニュースで情報を探している間に、こんな記事を見かけました。

<PCサイトです>
「世界中から寄せられた日本への祈り」
http://matome.naver.jp/odai/2129988433846418301

Pray for japan という言葉とともに、写真がたくさん載せられています。
これが被災地の方に届くかはわかりません。
ただ、誰かが日本の人々の為に祈ってくれていると考えただけで、元気をもらえました。

なかには、
「祈るのをやめて、助け始めよう」という言葉もありました。

私たちも、眼の前にある出来る事から。

微力ながら、進んで、何かをし始められたら、と思います。
祈りありがとう

こちらも、元気づけられます。
「地震発生後、ツイッタ―で投稿された心に残るつぶやき」<PCサイトです>
日本は、海外からも尊敬の念をうける程の素晴らしい国民性をもっている。
そんな私たちの気持ちが負けないよう、がんばりましょう!

……追伸
さて、こんな時に私事で本当に申し訳ないのですがご連絡です。
東口中北は3月一杯で2年間お世話になった骨格屋を卒業致します。
きっとこれが最後のブログですが、たまに西口中北先生のブログに絵でも描かせてもらうかもしれませんヾ(´ω`=´ω`)ノ

皆さん、優しいお声をかけてくださって本当にありがとうございます。
骨格屋で過ごした時間はかけがえのないものでした(o^∇^o)ノ
施術の中で、抱えていた不安を教えて下さった時、
つらいのを我慢して溜まっていた気持ちを、はきだして下さった時、
本当に皆さんがより早く、より良く改善出来るように真剣に取り組まなければ!と心に思いました。
施術で力不足なところもありましたが、きっと骨格屋のスタッフはみんなで補いながら患者さん方のために全力をつくしていってくれると思います!(私もまだ半月ありますよ!)
自分はまだまだ成長過程ですけれど、皆さんのおかげで人間力も少しはプラスチャージできたと思います。

ブログでしんみりしてしまいました。
まだまだ骨格屋は精進していきますので、皆さん安心してご来院下さいね!

読んで頂きありがとうございました(*^_^*)

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================

停電中の施術について来院される方へのご案内【骨格屋】

【※現在、安全面等を考慮し、東口店では6時以降、西口店では時間に関係なく計画停電が行われた場合、停電中の施術は行っておりません。ご予約の変更をお願いいたしております。ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承ください。】

こんにちは
西口店の井口です。

昨日3/17(木)、計画停電が実施されました。
西口店・東口店とも第4グループになっていて18:20~22:00(実際には18:50ごろからでしたが…)の停電でした。
ありがたいことに停電があっても施術を受けたいとのご希望もあり通常通りの営業をおこないました。

出来れば計画停電の時間以外へのご予約をお勧めいたしますが、どうしてもその時間しか都合がつかない方もいらっしゃると思います。
今後も計画停電の予定がありますので、実際に施術をしての停電中の状況をお伝えしたいと思います。

いつもとの違いは
・明るさ
停電ということで当然、照明が使えなくなり暗くなります。
キャンプ用のランタンや自転車のライトなどをかき集て対応し、決して十分とはいえませんが、何とか施術できる程度の明るさは確保することが出来ました。
特に西口店では外の廊下についている非常灯のおかげで予想したほど真っ暗ではなく、安心しました。

・暖房
東口店では石油ストーブを準備していますのであまり問題はありませんが、西口店では代替の暖房設備の用意がありません。
西口店は建物の構造や店舗の位置の関係だと思いますが保温性がよく、停電後1時間程度はそれほど寒さは気になりませんでした。
今回は停電開始が遅い時間でしたのであまり影響がありませんでしたが、時間がたつと温度は下がってきますので停電後時間がたってのご予約の場合はいつもより温かい服装をお勧めします。

・来院時、帰宅時の安全
今回は外が暗い時間の停電でした。
街灯や店舗の明かりの無い夜は予想以上に暗く、道中の安全を考えると懐中電灯など何か明かりをお持ちいただくことをお勧めします。

・レシート
レジが使えませんので手書きの領収書で対応いたします。

・BGM
いつもは80年代の洋楽が流れていますが停電中はBGMがありません。空調の音もなくかなり静かな空間でしたが、静か過ぎてかえって落ち着かないかもしれません。

以上、簡単ですが昨日の停電中での普段との違いを書いてみました。

実際の施術自体には停電の影響はあまりありませんが、快適な環境とはいえません。

ご予約時の参考にしてみていただければと思います。

被災地で避難生活を続けている方の事を考えると心が痛みますが、今後も来院していただける方がいる限り精一杯の施術を提供していきたいと思います。

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================