みなさん、こんにちは
西口店の中北です

今回は、アロマセラピーをご紹介します

アロマセラピーは、女性を中心に一般にもかなり浸透してきた療法です

雑貨屋さんにもよく置いてあるので、気軽に楽しめるのが人気の秘密なのでしょう

さて、そんなアロマセラピーとは、具体的にはどういったものなのでしょうか

アロマセラピーは、エッセンシャルオイル=精油を用いて、香りを楽しむことでリラックスしたり、病気の治療や症状の改善をする民間療法です

芳香植物自体は、古くから生活の中で使われていたのですが、アロマセラピーという言葉が使用されたのは20世紀初頭のことです

フランス人化学者のガットフォッセが、実験中に火傷を負い、その傷にラベンダーの精油を塗ったところ傷の治りが早かったため、これをアロマ=芳香、セラピー=療法と命名しました

ちなみに、フランス語ではアロマテラピーと発音され、英語読みがアロマセラピーとなります

アロマセラピーには、エステティック・アロマセラピーと、メディカル・アロマセラピーの2種類があります

エステティック・アロマセラピーは、美容を目的として、香りを楽しんだり、リラックスを目的とするものです

メディカル・アロマセラピーは、病気の治療や症状の改善を目的とするもので、西洋医学の補完的な意味合いで使用されます

アロマセラピーで用いられる精油は、いろいろな植物の花・草・根・種などから抽出されるため、多くの成分が入った混合物です

抽出方法には、蒸気蒸留法、超臨海流体抽出法、フィトニックス、圧搾法、冷浸法などがあり、方法によって抽出される成分が異なってきます

アロマセラピーの方法にも、いくつかの種類があります

精油を直接用いる方法としては、コットンやティッシュペーパーに垂らして行う芳香浴の他に、洗面器にお湯をはり、そこに垂らして蒸気を吸入する吸入法沐浴法湿布法などがあります

アロママッサージのようなトリートメント法を行う場合は、精油が直接肌に触れると刺激が強すぎるため、通常はキャリアオイルで希釈してから使用します

このキャリアオイルには、スイートアーモンドオイル、ホホバオイルなどがよく使われます

アロマセラピーの効果としては、香りによるリラックス効果以外にも、精油が経皮や粘膜、毛細血管を通じて体内に吸収されることで、抗不安・抗炎症・抗菌・鎮痛などの効果があるとされています

適用疾患としては、風邪・喘息・花粉症・アトピー性皮膚炎・更年期障害などが言われています

これらの疾患に対して行う場合は、西洋医学の補助として用いられ、専門の精油のブレンドが必要となってきます

アロマセラピーを行う時は、オイル=油なので、火の元に十分に注意してください

また、「ポプリオイル」や「アロマオイル」という名前のものは、合成香料のため、アロマセラピーに用いることはできませんので注意してください

その他、注意事項や詳しい情報は(社)日本アロマ環境協会HPを参考にして下さい

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================