こんにちは骨格屋のどちらかといえばご飯党の増田です。

今回は日焼けシリーズ第2弾です。

「紫外線はガンやシミの原因になるので少しでも浴びないほうがいいのでは。」と思っている方も多いと思います。
確かに、過度の紫外線は健康に害を与えますが、太陽からくる紫外線は本当に悪だけなのでしょうか?

実は適度な紫外線は身体機能に影響を及ぼし健康を維持していくには、なくてはならないものです。
前回のブログでは、紫外線が身体に与えるマイナス面を書きましたが、今回はプラスの面の太陽光線に含まれる紫外線が身体に与える影響についてお伝えします。

それでは太陽光線に含まれる紫外線は、その波長に応じA、B、Cの3つに分けられますのでそれぞれの働きを見ていきましょう。

紫外線A UV-A
紫外線Aのメリットは細胞の機能を活性化させます、デメリットとしては皮膚の深部まで浸透するので長時間は皮膚にダメージを与えます。

紫外線B UV-B
紫外線Bのメリットは免疫力の強化や皮膚の皮下脂肪に蓄えられた※ビタミンDをビタミンD3に変えこのビタミンD3はカルシウムの吸収に必要なものといわれています。

デメリットとしては長時間の照射は皮膚や眼に有害といわれまた皮膚がんの原因になる場合もあるということもいわれています。

紫外線C UV-C
紫外線Cは強い殺菌力があるとのことですが大気圏のオゾンに吸収されるので地上には到達しません。

※ビタミンDの説明をします。
ビタミンDには1食物から取り込まれるものと2紫外線のもつエネルギーによって体内で作られるものとがあるといわれています。ここでは紫外線からのビタミンDのことを指します。

今回は、紫外線のメリットについてお送りしました。
=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/ 無し
=======================