臨床上よく見られる、神経系機能障害のメカニズムその2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、山田です(。・ω・)ノ゙

うちの息子の将来の夢は、消防士さんか仮面ライダー

今回は、神経系機能障害のメカニズムその2で、神経系機能障害の好発部位についてです。

1、神経系が通過するトンネル
身体には、神経系が通過するための軟部組織、骨などによって形成されたトンネルがあります。
例えば、手首にある手根管には正中神経、脊柱にある椎間孔には脊髄神経、殿部の梨状筋下孔には坐骨神経が通っています。(他には、ギヨン管、肘部管、橈骨神経管、ハンター管(伏在神経)足根管など)
神経系はそのトンネルの内壁を形成する構造との間に摩擦を生じたり、内壁による圧迫を受けたりします・゚・(ノД`;)・゚・

2、神経系が分岐する箇所
神経系が分岐する箇所で、特に鋭角に分岐している箇所では、神経は運動による適応が行いにくいため、張力が大きくなりすぎて神経系機能障害が生じやすいのです。
例えば、総腓骨神経が浅腓骨神経と深腓骨神経に分岐する箇所などです。

3、神経系が相対的に固定されている箇所
例えば、腓骨頭部での総腓骨神経、橈骨頭部での橈骨神経などで、このような箇所では、神経系の可動性が制限されるため、神経系にストレスが加わりやすく障害が生じやすい。

4、神経系が骨の上を通過する箇所
このような箇所では、摩擦による障害が生じやすい。
例えば、内果上を脛骨神経が通過する箇所、腕神経叢が第一肋骨上を通過する箇所、橈骨神経が上腕骨の橈骨神経溝を通過する箇所です。

5、緊張点
関節運動に対して、神経系が主として運動によって適応する箇所結合組織が少なく、主として伸張によって適応する箇所は結合組織が発達している。そのような箇所は緊張点と呼ばれ、一般に関節周囲に見られます。
胸椎6番レベルや膝関節後面は緊張点であり、臨床的に神経系の障害が生じやすい個所です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
実際には、神経系機能障害には特有な症状や徴候は存在しないといわれているのもあり、臨床では、事故などの急性的ではない限り、単一的な問題ではなく長期の間に複雑化して、今現在の症状が出ていると考えられるので、回復にも時間が掛ることが多いと感じます。

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/ 無し
=======================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ブログ内の検索

2012年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

コメントを残す