風邪の季節ですが・・・市販薬による重篤な副作用の報告から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは
毎年、テレビでシチューと風邪薬のCMを見ると冬を感じる
骨格屋の井口です

ところで風邪薬といえば少し前ですが…
市販の薬によると思われる
副作用の発表がありました

厚生労働省が平成19年から23年度の
5年間に報告された情報を公開したものです
http://www.pmda.go.jp/files/000144665.pdf#page=3

それによるとOTC(オーバーザカウンター=市販薬の事)
によると思われる副作用の報告数は
合計1220例

毎年250症例前後報告されていますw(゚o゚)w

主な薬の種類では
総合感冒薬(かぜ薬) 404例
解熱鎮痛剤 243例
漢方製剤 132例 で

そのうち死亡症例は合計24例
総合感冒薬(かぜ薬) 12例
解熱鎮痛剤 4例
漢方製剤  2例

また後遺症がのこった症例は合計15例
総合感冒薬(かぜ薬) 8例
解熱鎮痛剤  2例
カルシウム剤 2例

という事です

この症例の中には
医薬品による副作用との因果関係が不明なもの
も入っているようですし
調査会社のインテージによると
風邪薬だけでも2011年の市場規模(販売金額)は
約970億円との事なので
これらの薬が実際に飲まれている数を考えると
確率的にはかなり低いと思いますが

普通に薬局で市販されている薬でも
考えもしないような重大な副作用がありえる
ということは知っておいた方がよさそうです(゚ロ゚;)

中でも重篤な症例は
スティーブンス・ジョンソン症候群
アナフィラキシーショック
肝機能障害

などですが重篤化を防ぐには
副作用の早期発見が大切ですので
簡単に特徴的な症状を紹介しておきます

スティーブンス・ジョンソン症候群
高熱を伴って発疹・発赤、
やけどのような水ぶくれなどの
激しい症状が
比較的短期間に
全身の皮膚、口、粘膜に現れます。

詳しくはこちら↓
http://www.info.pmda.go.jp/juutoku_ippan/file/jfm0611005_01_ippan.pdf

アナフィラキシーショック
強いアレルギー反応でじんましんなどの皮膚症状や
腹痛や嘔吐などの消火器症状
息苦しさなどの呼吸器症状をおこし、
突然蒼白、意識の混濁などの
ショック症状が現れることがあります。

詳しくはこちら↓
http://www.info.pmda.go.jp/juutoku_ippan/file/jfm0803003_ippan.pdf

肝機能障害
その名の通り肝臓の機能が障害されて
倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸、
発疹、吐き気・おう吐、かゆみなどが表れます

詳しくはこちら↓
http://www.info.pmda.go.jp/juutoku_ippan/file/jfm0804002_ippan.pdf

かぜなどの症状と似ていて区別がつき辛そうな症状も多いですが
おかしいなと思ったら医療機関を受診しましょう

もっとも風邪薬や解熱剤は症状を抑えるだけで
風邪を治してくれるわけではありませんので(゚∇゚ ;)エッ!?

一番大切なことは免疫力を高める事
そのためには
十分な睡眠と安静、水分補給などが大切です。

もちろん定期的なカイロプラクティックケアも大切ですよ!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/ 無し
======================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

2012年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

コメントを残す