2013年 4月 の投稿一覧

世界に誇る日本の食文化 うまさの秘密グルタミン酸とは

こんにちは、山田です
我が家の暴れん坊将軍が保育園に入園しました

先生に「どこかの保育園に行ってました?」と聞かれてびっくり自分からお友達を誘って遊んでいるので、すごい慣れているなと思われたみたいです
どこも通ったりしてないんですけどね
そのたくましさに少しホッとしました

~~世界に誇る日本の食文化~~

味には基本の5要素というのがありますが、5番目が発見されたのは、なんと日本なのです。
およそ100年前までは、甘味、酸味、塩味、苦味しかなく全ての味はこの4つの味の組み合わせで構成されていると考えられてきました。

ところが、人が「おいしい!」と感じる味の要素は甘味、酸味、塩味、苦味の4つだけでは表現できないと1907年に池田菊苗博士が見つけた成分、それを総じて「うま味」と名付けました。

それで、日本発の「うま味」が加わり味覚の基本要素は5つになりました。

この「うま味」日本人なら慣れ親しんでいる言葉であり感じているものだと思いますが、ここで言う「うま味」は料理の全体的な味のおいしさを言う「旨味」とは違うのでお間違いなく

ここでいう「うま味」は成分のことで、この「うま味成分」は自然界に存在する食べ物のアミノ酸にあると考えられています。

例えば、昆布に多く含まれているグルタミン酸や鰹節に含まれているイノシン酸、椎茸に含まれているグアニル酸などです。
他にはトマト、チーズ、アスパラガス、肉類、カニ、生ハムなどに「うま味」成分が入っています。

パスタなどによくかけるパルミジャーノレッジャーノは、アミノ酸の構成比率が昆布と良く似ているそうで、見た目も味もまったく違いますが、実はグルタミン酸のかたまりのようなもので「うま味」が強いので、日本人に大変好まれているのではないでしょうか。

そしてこの「うま味」は日本発祥の言葉なので、「Sushi」や「Sake」、「Sukiyaki」、「Yakitori」、「Wasabi」などと同様に「Umami」として世界共通の言葉となりました

まさに日本の食文化は世界に誇るべき文化ではないでしょうか

今日も最後までお読みいただきありがとうございました

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================

冷たい湿布と温かい湿布どっちを貼ればいい?‐シップの違い

こんにちは骨格屋の井口です。

今日のタイトルはとっても良く聞かれる質問ですw(°0°)w

その答えは

急性の痛みには冷湿布

慢性の痛みには温湿布

が基本になりますが・・・

実際にはお風呂などで患部を温めて気持ちがいい時は温湿布、冷たいタオルなどで冷やすと気持ちがいい時は冷湿布

とにかく気持ちが良い方を貼りましょう(⌒∇⌒)

ということで早くも結論が出てしまいましたが

そもそも冷たい湿布と温かい湿布の違いはというと

市販の湿布のパッケージをよ~く見てみるとほとんどは冷感(温感)湿布って書いてあります?(感がポイントです(◎o◎))

実は皮膚には温度を感じるセンサーがあるのですが冷たさだけに反応するセンサー、温かいのだけに反応するセンサーと温度帯によって違うセンサーが反応しますw(゚o゚)w オオー!

そしてたとえばハッカなどの成分は冷たいと感じるセンサーを刺激するので冷たく感じ、唐辛子に入っているカプサイシンなどは温かいと感じるセンサーを刺激して温かく感じるのです

つまり実際の温度ではなく皮膚の感覚をだまして冷たく感じたり、温かく感じたりしているんですね

とはいっても冷湿布はやっぱり冷たく感じるのは湿布の薬剤や粘着部分がわずかに熱を吸収するのが原因です(; ̄Д ̄)

ということで冷湿布に冷やす効果はあまり期待しないほうがよさそうです(/TДT)/

また、カプサイシンには血管拡張作用がありますので皮膚の温度を上がる効果はありますが・・・

残念ながらこの効果は皮膚までのようですので患部への温熱効果はあまり期待できないようです(TДT)

実は湿布には冷・温以外にも違いがあります

昔は気休め程度に使われていた感もあったのであまり効かないイメージの強い方もいると思いますが

最近の湿布は鎮痛消炎効果が高くなっていてそんな湿布は第二世代といわれています

ということは当然第一世代があるのですがこの第一世代と第二世代の違いとは

CMなどでおなじみの「インドメタシン」や「フェルビナク」「ケトプロフェン」などが入っているかどうかw(゚o゚)w

このインドメタシンやケトプロフェンは痛みや炎症の素を強力に抑えてくれくれるので鎮痛消炎効果が強く、お医者さんでもらう「良く効く湿布」はこのタイプです

ところが湿布といってもやはり薬ですので長期にわたって使うのはやめたほうがよさそうです(゚∇゚ 😉

よく効くという事は当然副作用の危険も高くなりますので・・・

特に妊娠中や喘息、消化性潰瘍、肝臓・腎臓障害、膵炎や心不全の方は使用できないので注意してください。

その点カイロプラクティックは副作用の心配はありません
そろそろ湿布を卒業したい方は是非カイロプラクティックケアをお試し下さい
======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/ 無し
=====================

お酒を薬にする飲み方

こんにちはヽ(^0^)ノ元高校野球球児の骨格屋の増田です。

いやぁ春の高校野球は、埼玉の浦和学院が見事、優勝しましたね。

私も以前、高校野球をやっていたので、埼玉県代表の浦和学院の優勝は嬉しいです。

本当におめでとうございます。

人間、気分のいい時は、お酒を飲みたくなるものです。

というわけで今回は、お酒を薬にする飲み方をご紹介いたします。

当たり前のことですが一番大事なのは、飲む量です。

1日のお酒の適量は人によっても異なりますが、一般的に日本酒なら1合まで
ビールは大瓶1本、ウイスキーはシングルで2杯までと言われています。

ワインであればグラス2杯といったところでしょうか。

個人差はありますが、だいだいこのぐらいの量で「いい気分」になります。

ここで踏みとどまるのが、肝心です。「わかちゃいるけど…」

これ以上になると、だんだん理性が鈍り、脈拍が高くなったり
心身への影響が大きくなります。

そして許容量をこえると、どうなるかはいうまでもありません。

酔っぱらって外で寝てしまうオジサン(最近はめっきり見なくなりましたが。)

次に飲むお酒の種類ですが※醸造酒。今回は赤ワインをご紹介します。

ワインの特徴は日本酒、ビールなどが穀物から作られているのに対し
葡萄の実から造られていることです。

ブドウの木は実を付けるようになると根が年に1メートルずつ伸びると言われ
ブドウの収穫が最大量になる頃には地下10メートルの長さになって
地中の深い部分からミネラルたっぷりの地下水を吸い上げます。

一方、米や麦などの穀物はどんなに長くても数十センチしか根を伸ばせないので
ブドウほど豊富な地中の栄養素を吸収することが出来ないというわけだそうです。

その栄養素な中でも抗酸化作用があるポリフェノールの効能は見逃せません。

ずいぶん昔になりますが、「フレンチパラドックス」という現象が大きな話題になりました。

国民が動物性脂肪をたくさん摂っている欧米諸国のなかで
なぜかフランスだけ心臓病の死亡率が極めて低くこれを
「フランスの逆説パラドックス」と表現したことのこと。

その理由はフランス人がポリフェノールを豊富に含む赤ワインを世界で最もたくさん飲んでいるからだと分かり日本でも赤ワインブームが起きたとのことです。

ワインは体にいいというのは分かりましたが、ここで終わってはまだ半分しか薬にはなっていません。

医学博士の佐藤富雄先生はお酒は
「体にいいといって飲むものではない」ということを言っています。

含まれている成分より人(もしくは自分)と対話しながら

美味しく楽しく飲んで満足感を味わうことが大事です。

お酒を通じて心の栄養も得ること、それが一番大きな薬になると思います。

皆さんは誰と、いいお酒を飲んでいますか?

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/ 無し
=======================