皆さんこんにちは骨格屋の増田です。
ジメジメした天気が続いていましたがいかがお過ごしですか

またこの時期は汗と体の臭いも気になります。

特に働き盛りの中年男性は自分が気づかないうちに
嫌な臭いをまき散らしていることもあるので注意が必要です。

という事で今回は「中年の臭いについて」お送りいたします。

男性の体臭は大きく分けて3種類あります。

20歳頃が最も強い「一般的な汗臭」と

30~40代で顕著に表れる「ミドル臭」と(ミドルシュートではありません)

50歳以降の中高年に特徴的な「加齢臭」でそれぞれ

原因と発生するカラダの部分が異なります。

特に35歳~45歳は3つの臭いが重なる時期でもあります。

ではミドル脂臭とはどんな臭いなのか。

臭気判定士であり臭いの種類を嗅ぎ分けられる清水真由美氏は

「古い油のような臭いで頭皮の臭いと混ざると

「一気に不快度が増す」と言います。

原因は「ジアルセチル」といわれる成分で
ヨーグルトやチーズなどの発酵食品からも

発生します。

発生のメカニズムは、まずミドル脂臭発生するのは

後頭部から首にかけての部分が

特に多いです。 頭皮に住むブドウ球菌などの細菌が

頭部の汗に含まれる乳酸を食べて

分解することでジアルセチルが発生します。

同時に頭皮の臭いの元となる中鎖脂肪酸と混ざり

悪臭が倍増します。

頭部のジアルセチルは20代から増え40歳前後でピークを迎えます。

特に30~40代男性は皮脂量が多く後頭部に汗をかきやすいとのこと。

そして原因の一つにシャンプーの仕方に原因がありそうです。

「男性はシャンプーにあまり時間をかけないので

1分未満という人も多いとのこと。しかも頭の後ろから首にかけての部分

が疎かになっています。」

と臭気判断士の清水氏は指摘しています。

丁寧に洗っているつもりでも思ったほど洗えていないことが多く

ミドル男性の頭皮脂は若い頃に比べてドロドロしているとのこと。

なので同じように洗っていても落ちにくいそうです。

気になる方は髪を洗うとき後頭部を意識していつもより長く洗うなど

工夫してみるのもいいと思います。

最後まで骨格屋のブログをご覧いただきありがとうございました。
=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
7月の休み 7/6(日)
=======================