2014年 8月 の投稿一覧

お腹の調子を整える。今回は「小腸の調子の整え方」です。

こんにちは、山田です(*^_^*)

長引く慢性的な身体の不調は、卵や乳製品、白砂糖、小麦(グルテン)、精製穀類、納豆などの大豆加工品などの遅発性食物アレルゲンや化学物質(抗生物質など)などがリーキーガット症候群を引き起こすためと以前お伝えしました。

長年続くの腰痛や肩こり、不定愁訴はリーキーガット症候群が原因になっているかもしれませんね(ーー;)

リーキーガット症候群を簡単に説明すると、小腸が炎症を起こし、通常ならば体内に取り込むことのできない状態のたんぱく質などを吸収してしまう状態となります。

前回は「胃」の調子を整えるでしたね(^^)
今回は、「小腸」の調子の整え方をお伝えしたいと思います。

~~お腹の調子を整える「小腸」~~
小腸はまさにリーキーガット症候群の現場になっているところです。

小腸の調子を整えるには、その前に通過する「胃」の働きがもちろん大事なので、最初に胃の調子を整えた上で、小腸や大腸の調子を整えるようにしてくださいね(^^)b

最近の研究では、腸内細菌が免疫機能をはじめとする身体の調節機能に大きく関わっているということがわかってきたそうです。
アトピー性皮膚炎など慢性のアレルギーに悩む人の腸内細菌叢(腸内細菌の種類などの構成)には、免疫を抑制する菌が少ないというデータもあるようです。

さてそれでは、実際に腸内環境を改善するには、どうすればよいのでしょうか?
それは、ずばり、「善玉菌を増やす!」ことでしょう。

善玉菌がちゃんと活躍できて、悪玉菌よりも優位になれるようにすれば、腸内環境は菌たちが整えてくれます。

善玉菌と聞いて一番に思いつくのは乳酸菌だと思いますが、乳酸菌と聞いて思いつくのは何でしょうか?
そうです、ヨーグルトですね。では、善玉菌を増やすには!

1.ヨーグルトを食べる・・・・というはけにはいけません!NGです!

実は、日本人の大半は(90%くらいといわれています)乳糖不耐性といって、乳製品を分解する酵素を持っていないのです。したがって、腸内環境が悪くなっている状態では、ヨーグルトなどの乳製品が腸の炎症をより強くしてしまったり、リーキーガット症候群を引き起こすきっかけをわざわざつくってしまう事になります。

ですので、腸内の善玉菌を増やすには、
1.野菜などの食物繊維をしっかりと摂る。
2.砂糖を使わず(砂糖も炎症を起こす元凶です)フラクトオリゴ糖を使う。(オリゴ糖には他にガラクトオリゴ糖もありますが、こちらは乳糖由来でヨーグルトと同じなので、おすすめできません)
3.乳酸菌のサプリメントや、糠漬けなどの発酵食品をとる。

このなかで1と2は善玉菌のえさになるので、善玉菌を増やすというよりは、「育てる」といったほうがいいでしょうか(笑)

今回小腸と大腸をまとめてブログを書こうと思っていましたが、思いのほか長くなってしまったので、「大腸」はまた次回ということで・・・<(_ _)>

今回も最後までお読みいただきありがとうございました(^^♪

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/ 無し
=======================

慢性的になると胃食道逆流症は深刻な問題になる場合も..

こんにちは
骨格屋の高気圧男もりぞうです

本日は二回前の続きです

おさらいすると

胃のお話で

・胃は単なる消化器官ではなく食料の貯蔵を行うことができる唯一の器官で胃を摘出すると1日に5回以上食事を摂らないといけなくなる

・胃は風船とは違い内圧を上げることなく拡張できる。風船だと栓から手を離すと空気が逆流してしまいますが胃はそんなことはないんですね。だから貯められる

・消化液である塩酸は常に生成されているわけでなく必要に応じてその時だけつくられているので常に塩酸の脅威に脅かされなくて済んでいること

・胃の粘膜には塩酸を中和してくれる作用がある

・胃は消化や撹拌を自動で行って頃合いをみて次の十二指腸に食べ物を送るという気遣いができる

と、胃はとっても良い奴ということでしたがこの精密な機構がばっちり働いていれば良いのですがそれが一生狂わずに働くなんてほぼありません

どんな方にも一度は胸焼けや胃酸が逆流するような感覚を味わったことがあると思います。

胃の上には食道がありますが、残念ながら食道の上皮にはアルカリ性の粘膜は存在しません

ですから胃酸が逆流してくるとひとたまりもありません。
食道の名誉の為に言っておくことがあるとすれば食道の上皮は強靭で摩擦には強いんですね

損傷を受けても自分でそこを修復する能力すら兼ね備えております

だけどやっぱり胃酸に関しては話は別です

胃酸を食道の上皮に垂らしたら自動車のバッテリーの廃液に浸けたように焼けただれてしまいます

これが一般的にいわれている胸焼けの症状を引き起こします

胸焼けも軽度なら耐えられますが、以前やっていたアトムのCMや製薬会社が儲かっているところをみると私たちは胸焼けに弱いのかもしれません

胸焼けを鎮める為に多種多様な胃薬が売られていて、その種類はどんどん増えています

薬は胃酸を中和する薬か分泌を抑制するタイプのどちらかです

前述したように基本的には胃酸は胃の中にいる限りは問題は起こさないですが逆流が起こると、かわいそうなことに食道は焼けてしまうのです

しかし不快感を表すシグナルのレパートリーをもっていないので、胃酸がちょろっと逆流している程度なのか逆噴射しているのかを感じ取ることはできません

一度くらい胸焼けが。。というのはまだしもそれが繰り返し起こりそれが長時間続くようなら話は別です

これが慢性的になると胃食道逆流症(GERD)は深刻な問題になる場合もあります

そんな時はたいてい胃の酸産生能を抑える治療法がとられます。

強い薬(例えばプリロセック[オメプラゾール])を投与すると塩酸生成に必要なポンプの働きを阻害するので酸は全くつくられなくなります

そのかわり酸の恩恵も受けられなくなります

恩恵とは何かというと長期間酸の生成が抑制されると胃上皮細胞の一種から生じる腫瘍(類癌腫と呼ばれている。)ができやすくなってしまうのです

だから医師によっては長期間胃酸の生成を抑えるのには積極的でなく、期間を限定して投与することが多いそうです

その間に食道が治癒して後は再発をしないように願うばかりですが、なかなかそうはいきません。ですから服用期間がどんどん長くなりがちなんです。

度重なる長期間の炎症状態は癌のリスクになるとも言われているので要注意ですね。

一般的に胃酸の逆流は胃と食道の間にある下部食道括約筋(LES)によって防がれています。

下部食道括約筋は開閉ができる可動性のある隔壁でこれが閉じている間は逆立ちしても逆流はせず安全のため胃と食道の交通を断っています。

下部食道括約筋が開くのは飲み込まれた食物を食道から胃に移動させる一瞬だけでその際に胃酸が逆流しないのは食物を胃に運ぶ食道筋の運動に連携して括約筋が開くからです。

食道の筋肉が収縮すると食道内圧が胃内圧より大きくなり、逆流が起こりにくくなります。

しかし、食べ過ぎるとげっぷがでますが、その時一過性に下部食道括約筋が弛緩して胃に溜まったガスを出すのですがその際に一緒に胃酸まで逆流させてしまうと胃食道逆流症になる場合があります。

そしてこのげっぷが一番多い原因だそうです。

まさに暴飲暴食をするとげっぷが出やすくなり逆流しやすくなってしまいます。

また、高脂肪食もその原因となるのですがなぜかというと、高脂肪食を摂取しすぎると十二指腸や空腸から分泌されるコレシストキニンという分泌物が下部食道括約筋に作用して一過性の弛緩をさせてしまうからです。

緩むとやっぱり逆流しやすくなります。
またよく噛まずに早食いすると空気も一緒に飲むことになるのでゲップが出やすくなるのも要注意ですね。

胃の働きが低下していつまでも食物が胃にとどまっていても起きやすくなります。

まずは良く噛み、食べ過ぎず、高脂肪食を摂り過ぎない。。。

古き良き日本の食事をすれば間違いなさそうです。
食事が欧米化して食べ過ぎるという現代における食のモラルの低下が生むまさに現代病の1つといえそうです。

自分自身にも刺さることばですね。

尊敬する先生がよくおっしゃっている

『癌』はやまいだれに口3つ。山ほど食べると癌になる。

という言葉をふと思い出しました

節制しないとと思った次第でございます
頑張ります。。。

次回もまた内臓について書こうともっています。
本日も最後まで骨格屋のブログを読んで頂きありがとうございました

もりぞうでした(・◇・)ゞ。
=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/ 無し
=======================

まちがった水分補給は危険!とりすぎで低ナトリウム血症に!

こんにちは!骨格屋の井口です。
それにしても暑いですね(;´Д`)

こんなときは前回ご紹介した
熱中症対策をしっかりしておきましょう!

今日はその熱中症対策の中でも
注意が必要な水分補給についてです。

特に最近は耳にする機会が多くなっていて
意識して水分を取っている方が多くなりましたが・・・

まちがった水分補給でかえって体調が悪くなったり
場合によっては命の危険まで起きることもあるんです。

その代表が
ペットボトル症候群と低ナトリウム血症です。

ペットボトル症候群は
以前書いたのでこちらをご覧ください

ペットボトル症候群に注意!!

そしてもうひとつの低ナトリウム血症
これは血液の中のナトリウムの量が少なくなる
つまり塩分の濃度が薄くなってしまった状態です。

ですので汗をいっぱいかくときには
スポーツドリンクなどで塩分もとりましょう!

と言われるわけですが実は・・・

マラソンでの低ナトリウム血症と
その要因を調べた論文があります。

その論文では2002年のボストンマラソンに参加した選手
488名のレース後の血液を調べたところなんと
13%もの人に低ナトリウム血症が認められました。

かなりの方が発症していて驚きです。

そしてその発症した方を調べてみると
レース後に体重が増えていることがわかったんです!

過酷なマラソンをした後で体重が増えている!
ダイエットのために走っている方には悪夢のようなこの結果

その原因は水分の取りすぎです

水分不足にならないようにと水分を取りすぎたことで
逆に水分を取りすぎて水中毒と言う
塩分が薄くなってしまう状態になってしまったようです。

一般的にはそうならないように
水だけでなくスポーツドリンクがいいと言われていますが

なんとこの論文では水とスポーツドリンクで
低ナトリウム血症の発症には全く違いがなかったんです。

実は
スポーツドリンクが運動時の水分補給
パフォーマンスの向上のためにはただの水より優れている

と言う研究結果などはあまり明確な科学的裏づけはなく
優れているとする研究結果のほとんどは
スポーツドリンクメーカーからの資金提供を受ている為
バイアスがかかっている可能性が高い
と言う説もあるんです。

私も今まではスポーツドリンクをお薄めたものをすすめしてましたが・・・

この説の真偽はわかりかねますが、十分にありえることだと思います。

通常は人間の体は水分不足になると体が反応して
のどが渇くように出来ていますので

のどの渇きを感じにくい高齢者や乳幼児など特別な方以外は

のどが渇いたら水分補給をすることで十分に熱中症は防げると思います。

結論としては

熱中症対策にはのどが渇いたらそのつど水分補給をしましょう!

と言うことで
熱中症に気をつけるあまり水分の取りすぎ
特に清涼飲料水の飲みすぎには気をつけましょう!

水分に限らず自分の体の反応、体の声を良く効くことが大切です!

のどの渇きは水分補給ですが体の不調は骨格屋へ!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/ 無し 8月の休み 8/27(水)
=======================

やっぱりね。ヘッドバンギングは脳に悪いのでご注意下さい。

皆さんこんにちは骨格屋の増田です。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

本来なら親と子供が平和に過ごせる方法2をお送りする
予定でしたがすいません次回にさせて頂きます。

今回はヘッドバンギングについてです。

いきなりですが、ヘッドバンングってご存知ですか?

主にロック、ヘヴィメタル、ハードコアなどのライヴコンサートで見られ
リズムに合わせて、頭を激しく上下に振る動作のことです。

調べて初めて知ったのですがヘッドバンギングには
ライヴパフォーマンスを行う演奏者に対する讃美と共鳴を
表現する意味があるそうです。

このヘッドバンギングが脳に悪い可能性があるとの
警告がドイツのハノーバー医科大学の研究で明らかになりました。

同大学の研究ではロックコンサートでのヘッドバンギングによって
生じた可能性のある脳内出血症例を
初めて診断したとのことです。

患者は50歳男性。
主訴:悪化していく持続性の頭痛
2週間前から頭痛があり、1カ月ほど前に、
非常に速いテンポの音楽で知られている
ヘビーメタルバンドのコンサートで
ヘッドバンギングをしたといいます。

CTスキャンの結果、脳の右側に血栓がみられ
血栓除去手術を実施し
頭痛はなくなったとのこと。

2カ月後のフォローアップ検査では患者の体調は良好。
因果関係は証明されませんでしたが
この血栓はコンサートでのヘッドバンギングが
原因で生じた脳出血による可能性があるとのことでした。

また同大学は、「硬膜下血腫の報告は2、3例しかないが、
この種の脳損傷は臨床的に無症状か自然に消失する
軽度の頭痛しかみられないことが多いため、
実際の発症率はもっと高い可能性がある」としています。

日本人ではご存知、X JAPANのYOSHIKIはドラム演奏の最中の
激しいヘッドバンギングにより頚椎を痛めており、
頚椎椎間板ヘルニアや神経循環無力症などを相次いで発症したりしています。

また、ゴールデンボンバーの歌広場淳はヘッドバンギングの
やり過ぎでドクターストップがかかった事もあるとのことです。

ヘッドバンギングには演奏者に対する讃美と共鳴を
表現する意味があるそうですが
カラダには悪影響が出ていますので
何か違う方法で表現した方が良さそうです。

最後まで骨格屋のブログを読んでいただきありがとうございました。
=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/ 無し
=======================