乳酸菌を効率よく補給するには?種類と整腸作用などの効能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

皆さんこんにちは、山田です。

今回は前回の記事に引き続き乳酸菌の種類と期待できる効能のパート2を紹介したいと思います。

 

・LG21乳酸菌

LG21乳酸菌にはピロリ菌の活動を抑制する効果があることが報告されています。

1994年にWHO(世界保健機構)は、ピロリ菌は「確実な発がん因子」と認定しました。これは、タバコやアスベストと同じ分類に入ります。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんを引き起こす因子であるピロリ菌は日本人に感染者が非常に多く、LG21乳酸菌の効果を期待して乳製品を摂る人も増えてきました。

もちろんピロリ菌に感染している人すべてが病気になるわけではありません。

ピロリ菌の除去には「三剤療法」と呼ばれる治療法が主流で行われていますが、LG21乳酸菌の摂取を併用しておくことでピロリ菌の除菌率があがるという報告があるようです。

LG21乳酸菌は胃を疾患から守り、腸までしっかり守ってくれる乳酸菌です。

日本人は胃の疾病率が高いので、最もうれしい乳酸菌と言ってもよいでしょう。

LG21乳酸菌を摂りたい方は、パッケージに「LG21」と表記してあるヨーグルトを探してみて下さい。

 

 

・乳酸菌BB536

この乳酸菌は世界初のヨーグルトになったビフィズス菌と言われています。胃酸や胆汁に強く、胃で死滅することなく生きたまま腸まで届いてくれるのが特徴です。

 

ビフィズス菌の働き
ビフィズス菌には主に次のような働きがあります。
(1)乳酸に加え、酢酸を生成します。この酢酸は強い殺菌力があるとされ、悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境を良い状態に保ちます。
(2)腸内を酸性にし、腸の蠕動運動を活発にすることで排便を促します。
(3)ビタミンB群、葉酸を作り出します。
このほかにも、病原菌に対する感染防御作用や抗腫瘍作用、免疫調節作用、血中脂質改善作用などが研究されているビフィズス菌もいます。
このような体に良い働きをするビフィズス菌を腸内で増やすには、生きているビフィズス菌が含まれる食品を摂取することが考えられます。しかし、一回摂取すればビフィズス菌が永久に腸内で棲みつづけるというものではありません。ビフィズス菌は加齢や日々のストレスなどでも減少し、腸内の腐敗産物が大幅に増えてしまうので、健康を維持するためには毎日継続して摂取することが大切です。

森永乳業のHPより~

・乳酸菌シロタ株

ヤクルトが75年以上研究し続けている乳酸菌で正式名称を「ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株」といいます。

みなさんご存知のヤクルトにも含まれている菌で、乳酸菌の中では最もポピュラーな乳酸菌ではないでしょうか。

「一人でも多くの人に健康になってもらいたい。」その願いを叶える為に予防医学を志し、微生物研究の道に入った医学博士の代田 稔。彼は昭和5年、人々の健康に役立つ乳酸菌の中から、胃液や胆汁などの消化液にも負けず生きて腸に到達し、悪い菌を減らす乳酸菌を発見。

この乳酸菌をさらに強化し、鍛え上げ、培養することに成功しました。それが、後に「乳酸菌 シロタ株(L.カゼイ YIT 9029)」と呼ばれるラクトバチルス カゼイ シロタ株です。

東京ヤクルト販売株式会社 公式ホームページ

乳酸菌シロタ株は、生きた乳酸菌として、さまざまな乳酸菌飲料・乳酸菌製品に配合されています。

もともと腸内に住んでいる善玉菌「ビフィズス菌」が増加し、悪玉菌の代表である大腸菌群が減少するという報告がされています。

 

・ラクティス乳酸菌

最近で注目を集めている乳酸菌といえば「ラクティス乳酸菌」ではないでしょうか。

サプリメントの商品名としても「ラクティス」が使われており、整腸作用を期待して摂取する人が増えてきています。

ラクティス乳酸菌は植物性の乳酸菌で、大豆から抽出されています。

お腹の中にもともと住んでいる乳酸菌を増やしてくれる乳酸菌として、人気がたかまっているようです。

普通の乳酸菌とは違い、ラクティス乳酸菌は乳酸菌を増やすための成分です。胃腸や胆汁で死滅することもなく、確実に腸に届いて善玉菌を増やすことができます。

詳しくは~LACTIS WEB SITEへ~

・ラブレ菌

正式名称は「ラクトバチルス・ブレビス・サブスピーシス・コアギュランス」という長い名前で、京都で有名な「すぐき」というお漬物から発見された乳酸菌です。

日本で生まれた乳酸菌として、海外でも「マジックピクルス」などと称されて大きな話題になりました。

ラブレ乳酸菌は他の植物性乳酸菌と同じ様に、生きたまま腸まで届いて悪玉菌の増殖を抑え、便通を良くしたりする働きが期待できます。

くわしくは~カゴメ株式会社のHPへ~

 

・おわりに

乳酸菌は継続して飲み続けていないと腸に定着しないため効果が出てきません。

一回食べたり、飲んだりで終わりではなく、2週間以上を目安に少しずつでも十分なので、毎日確実に摂取していきましょう。

乳酸菌食品は食べるタイプや飲むタイプ、サプリメントなどでも登場していますので、自分の取りやすい方法で毎日の食生活に取り入れるといいですね。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/ 無し
=======================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ブログ内の検索

2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

コメントを残す