肩こり

その肩こり、実は顎関節の問題が原因かもしれませんよ!

こんにちは、山田です(^^♪

 

最近良く見かけるのが、肩こりがひどくて来院される方で顎関節が悪い方、本人も顎の調子が悪いのは感じていても、カイロプラクティックで見てもらえないと思っているので、言わないことが多いようです。

頚部の調整をしているとよく分かるのですが、顎の位置がずれていたり、話をしている時に前歯が正中(顔、身体の真ん中を通る線)からずれています。
そして顎関節の周囲の筋肉が緊張を起こしています。

その肩こり、実は顎関節の問題が原因かもしれませんよ!

顎関節の位置と顎関節症

耳の穴に指先を入れて顎を動かすとカクっとヘコむ場所があります。そこが顎関節です(*^_^*)
顎は噛むだけではなく、すり潰すために上下、前後、左右に動きます。

小さな関節なわりには、関節の動きとしては回旋、側方移動、滑りなど多彩な動きをします。
顎関節には、膝関節と同様に関節円板というコラーゲン繊維の多いクッションも入っています。ここに障害がおきて、顎がガクガクする、大きく口を開けなくなるなどの症状が顎関節症です。

カイロプラクティックのアプローチ

歯や噛み合わせの問題は歯医者さんに任せるとして、私達は顎を動かしている咀嚼筋や顎関節の機能不全に対してアプローチをしていきます。

筋肉で外側からアクセスできるのは側頭筋と咬筋になります。
・咬筋
咬筋は下顎骨を挙げて歯を噛み合わせる、人体でも最強の筋肉です。
咬筋の硬さが左右で違う場合、硬い方が片噛みしていたり、歯ぎしりや食いしばりをしている可能性が高いと考えられます。

・側頭筋
咀嚼すると動く場所がこめかみと言われていますが、それが側頭筋です。側頭筋は下顎骨の上部に付着していてこれも下顎骨を力強く引き上げます。側頭部の頭痛がある場合は、この側頭筋の緊張が頭痛の原因になっていることがあります。

他にこの咀嚼筋が緊張する原因としては、精神的ストレスもあると思います。
夜間の歯ぎしりや食いしばりもストレス性と言われていますね。

咀嚼筋は三叉神経の第3枝の下顎神経の支配で僧帽筋と胸鎖乳突筋は副神経の支配なので、ストレスが交感神経系の抑制コントロールを低下させ筋緊張を促進させると咀嚼筋や首肩に関係する筋肉が過剰に収縮してしまうので、肩こりや顎関節の機能不全になるのです。

顎関節症の原因

1,咀嚼筋の問題(凝りや過緊張)
2,顎関節の問題(変形性関節症、関節円板の変性、関節包や靭帯の障害)
3,歯の問題(虫歯や歯槽膿漏、噛み合わせが悪いために関節や筋肉に負荷)
4,精神的な問題(精神的ストレスやうつ症状、肩こりや首の痛みを伴うことが多い)

歯の問題以外は骨格屋でも対応可能ですので、顎のことで困っているときは来院時にご相談くださいm(_ _)m

今回も最後までお読みいただきありがとうございました(^O^)

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
7月の休み 7/6(日)
=======================

肩こり予防-寒いと入ってしまう首や肩の力を抜く効果的な方法

寒くなると肩がこるのはなぜ?

こんにちは骨格屋の井口です。

「寒くなると肩こりがつらくなってくる!」

という方は多いようですがどうして
寒くなると肩こりがひどくなるのでしょうか?

肩こりの原因

そもそも肩こりは血液循環の悪さなどから
疲労物質が筋肉内にたまるのが原因と考えられています!

だとすると
寒いせいで血液の循環が悪くなっているところに、
これまた寒くて肩に力が入っていると
肩こりになリやすいのは当然です!

ということで
温かい格好をして肩の力を抜けば
問題解決です∑(‘◇’*)エェッ!?

とは言っても寒いとついつい
肩に力が入ってしまいますよね(^-^;A

寒いと肩に力が入るわけ

力を抜こうと思っても
いつの間にか入っている肩の力!

でもどうして寒いと肩に力が
入ってしまうのでしょう?

この肩に力が入り首をすくめた姿勢や
背中を丸めた姿勢は
体から逃げていく熱を
少しでも少なくする為の姿勢なんですw(゚o゚)w!

というのは
縮こまって丸くなることで
外の空気に触れる部分、
つまり体の表面積を小さくしているんですね!

冬の風物詩?
こたつで猫が丸くなっている姿と同じです

ちなみに欧米人の彫りの深い顔と違って
日本人の扁平な顔は凹凸が少ないので
表面積が少なくより寒冷地仕様になっているんですよ

丸まって肩に力が入らないためのポイント

それでは、この姿勢にならないようにする為のポイントは・・・

首を冷やさないこと

体は寒さを感じると無意識に首がすくまり
背中が丸くなってしまいます。
体温を守る為の自然な行動なのですが、
その寒さを感じるのにとっても重要な場所が首なんです(^0^)v

寒さの感じ方の研究結果

ある実験で寒さの感じ方の違いを調べていました。
一方は手足や身体は暖かい格好をしていますが
首周りは素肌の状態、
もう一方は手足は比較的薄着ですが
首周りには厚手のマフラーを巻いた状態

この状態でより暖かいと感じるのは後者
つまり首周りを暖かくしたほうだったんですw(゚o゚)w オオー!

つまり首の周りを暖かくしておくことが
暖かく感じることになり、
肩の余計な緊張もしなくてすむということですね

ということで寒さを感じるときは
首周りを暖かくしておくと
肩の力を抜きやすくなりますよ(^0^)/~~~~

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました
=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休  2月の休み :23日(日)
=======================

五十肩の素朴な疑問‐意外と知らない五十肩についての一問一答

みなさん、こんにちは
西口店中北です

今週も雪が降りましたね~
もう3月なのでこれが最後だとは思いますが、もしまた降ったら、転ばないように注意してくださいね

先週、患者さんから手作りのケーキを頂きました(‘▽’*)ニパッ♪

クッキー?

おいしそうでしょう~
口に入れるとほのかに甘い感じで、スイーツが苦手な自分もおいしく食べられ、とってもおいしいです(某AD風)
Aさん、ありがとうございました

さて、今回は「五十肩」についてです

「五十肩」は一般的によく使われる言葉ですが、実際にはどんなものかを知っている人は少ないのではないでしょうか?
一問一答形式で、ちょっとした疑問を解決していきましょう!

なんで「五十肩」っていうの?

A:江戸時代の俗語が起源と言われています50歳代に多い、肩の痛みと運動制限がある症候群のことを指します

「四十肩」と「五十肩」は違うの?

A:同じです。なぜ呼び方が違うのかには、昔は「四十肩」だったが平均寿命が延びたので「五十肩」になったという説や、40歳代の人には言いにくいので「四十肩」と言ったという説があります基本的には、「四十肩」という言葉は医学的には使われません医学的には「五十肩」≒「肩関節周囲炎」です

「五十肩」の原因は?

A:様々なものがありますが、基本的には、骨や軟骨・靱帯・腱といったものが老化したことによる炎症だと考えられています(日本整形外科学会HPより)ただ、明らかな要因を特定できないものも、「五十肩」に含まれます。

五十肩は、未だ不明な点も多い病態です。他の病態から2次的に起きることもあるので、まずは整形外科で診断を受けることが重要です

一般的に五十肩は、半年~2年で改善すると言われていますが、カイロプラクティックによって身体全体の負担を減らし、自然治癒力が最大限に発揮されることで、効率よくその過程を踏むことができると骨格屋では考えています

そのため、肩関節や肩甲骨・鎖骨の動きをつける手技を行って関節の可動域の制限を予防するとともに、肩以外の関節(特に背骨)や筋肉の機能を正常にして、自身の自然治癒力を手助けすることをしていきます

また、上にあるように明らかな要因を特定できないものに対しては、カイロプラクティックによる背骨へのアプローチで変化が出る場合がありますw(゚o゚)w オオー!

同じ「五十肩」といっても、人によって原因はさまざまです

骨格屋では、その人その人に合わせたオーダーメイドの施術プランを提案していきますので、お気軽にご相談ください

それでは、また来週のブログをお楽しみに~

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================

肩こりの原因は運動不足?つらい肩こりを改善する簡単な体操

肩こりについて

今回はカイロプラクティックらしい?内容で肩こりについてです!

たくさんの人が経験する肩こり。ひどい方は、肩のこりだけでなく痛みやしびれ、頭痛、吐き気、めまい、いらいらや倦怠感など肩こりだけにとどまらずいろんなな症状に悩まされます。

でも肩こりっていったい何でしょう、どうして肩こりになるのでしょう?

肩こりの原因

これまた原因はいろいろあって 筋肉の使いすぎ、運動不足、姿勢の悪さ、骨格の歪みなどや内臓疾患、婦人科系疾患などの影響でおこる場合もあります。

運動不足

その原因のなかでも多いのが運動不足です。

肩こりに限らずいわゆる“こり”は血液循環の悪さなどから疲労物質が筋肉内にたまる事でおこります。

筋肉は動かすことで血液の循環を良くするポンプのような役割をしてくれているのですが、動かさないで長時間力を使っていると逆に血管を圧迫してしまい血液循環が悪くなってしまうのです。

特に肩には腕と頭がくっついていますが、腕の重さは体重60キロの人で片方2~3キロ、そして人間の頭の重量は体重の約8%といわれていて、体重50kgの人ならばなんと約4kg!大きなスイカ1個分に相当します。

この重い頭と腕を肩の筋肉は人知れず支えてくれているんです( >o<)~ノ
この負担に運動不足が重なるとさらに血液循環を低下させ、肩こりがひどくなっちゃうんですね。
パソコンに長時間向かっていると肩こりがひどくなるのも当然の結果ですね。

身体のバランスの崩れ

また、身体のバランスの崩れも多い原因のひとつです。

日本人の多くは、肩がまるまった(前に巻き込んだ)姿勢をしています。

肩がまるまると首が前に突き出てきてしまうのですが、こうなると上半身のバランスが崩れて、首がいつも中腰?のような状態になってしまい、ただでさえ重い頭を支えている肩の筋肉にさらに負担がかかり、肩こりにつながります!

このような肩こりをほっておくと、肩こりのためにさらに血液循環が悪くなり、疲労も回復しづらくなると言う悪循環に陥り、慢性的な肩こりや肩こりにともなう様々な症状がでてくるのです。

肩こりに限らず、身体の不調は、倦怠感や、いらいらなどにつながり、気力や心の余裕を奪っていきますが、骨折などのケガと違って他の人から見ると症状が分かりにくいため、知らず知らずのうちに人間関係を悪くしている場合もありますのでご注意を!

こうならないためにも、時々肩まわりの筋肉をよく動かしてあげることが大切です!

肩こり予防の体操

お勧めは“肩まわし体操”

なんとも安易なネーミングですが・・・
ポイントは肩よりもではなく肩甲骨を大きく動かく事!

やり方は指先を同じ側の肩先に軽く当てた状態でひじを大きく回すだけ(^0^)v

こうすると肩を動かすと同時に肩甲骨が大きく動かされます!

とっても簡単お手軽ですが、効果はバツグンですのでぜひお試しを(^0^)/~~~~

それでもつらいときは急いで骨格屋へお越しください(^-^)ノ

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================