ボランティア

ボランティア報告③福島でカイロプラクティックボランティア

こんにちは
骨格屋の井口です

先月、8月24日にカイロプラクティックのボランティア施術に行ってきました
場所は福島県白河市にある白河市総合運動公園内に設置されている仮設住宅
今日はそのときのことをお伝えしたいと思います。

私は今回が初参加でしたが、このボランティアは日本カイロプラクターズ協会(JAC)がサポートをしてくれているので定期的で長期的なボランティアを行えています。
ちなみに白河でのボランティアは今回で5回目になりました

今回はJAC事務局長の竹谷内啓介先生と2人で行ってきました。

場所やタイムスケジュールは以前中北先生がブログで詳しく書いていますが(災害ボランティア報告②)
今回も同じタイムスケジュールで8時過ぎに最寄り駅の白河駅に着きました。そこから白河市総合運動公園まで車で約10分

白河の辺りも地震の影響は大きく、倒壊した建物も多くあったと聞いていたのですが、実際に現地に行くと地震の爪あとが生々しく残ったような風景はそこには無く、とてものどかで穏やかな景色が印象的でした

阪神大震災の時もそうでしたが、がれきが撤去されると風景から地震の痕跡は無くなっていくようです。

8時半ごろ現地について会場の集会所へ
カイロベットをセッティングして、さあ受付の準備を…と思っているうちに、ばたばたと人が集まってきて準備もろくに出来ていないまま施術が始まりました

帰りは2時ごろ現地出発という短期滞在でしたが、実際に現地の方と接してみて感じた事は当然の事ですが、被災者の方々はまだまだ震災の真っ只中にいるということでした。

最近は節電もあまり騒がれなくなり、日常の生活の中で震災を感じる機会が減ってきているように思いますが、被災者の方は未だ大きな悲しみや今後の不安、なれない生活でのストレスを抱えながら生活されている事を実感しました

白河でのボランティアのきっかけをつくって頂いた骨格屋に来院されている被災者の方も避難所などをかなり転々とされたようですが

今回現地での案内をしていただいた方も、もともとは原発被害の大きかった双葉町のご出身で、今までに避難所を7箇所も移動したとのことでした。周りに知り合いがいなくストレスを感じるとおっしゃっていました。

徐々に復興が進んでいるとはいえ、まだまだ始まったばかり
本当に支援を必要とされている方々が大勢いらっしゃるのは間違いありません。

徐々に薄れいく復興ムードの中で一人ひとりが出来る支援を継続していく事が必要だと感じました

骨格屋スタッフ一同、今後も微力ながら、カイロプラクティックを通じて支援を続けていこうと思います

P.S.
帰りは白河駅からローカル線で新白河駅まで、そこから新幹線に乗って帰る予定が・・・
白河駅から反対方向の電車に乗ってしまい
あわてて次の駅で降りましたが反対の電車が来るのは1時間後
おかげさまで竹谷内先生とゆっくり話をする事が出来ました
今回のもうひとつの収穫です

P.P.S
帰りに咲いていたあじさいです
あじさいは梅雨時にしか咲かないものだと思っていたのでちょっと得した気分になりました

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================

カイロプラクティックのボランティア(災害ボランティア報告2)

みなさん、こんにちは
西口店中北です

今日は、7/24に福島県白河市へボランティア施術に行ってきたので、その模様をお伝えしようと思います

今回のボランティアは、骨格屋に来院されている被災者の方の紹介で実現したものです

通常、このようなボランティアはなかなか受け入れてもらえません

日本ではまだカイロプラクティックの認知度が低いため、どのようなことをするのかがはっきりとわからないことがその原因の一つだと思います

また、カイロプラクターは国家資格ではなく、統一基準も無いため、各カイロプラクターのスキルが判別できず、医療が整っていない現場での受け入れが難しいのかもしれません

今回は、事前に市役所に話を通してくれていたので、スムーズに話が進み、実現することができました

前回の宮城県山元町もそうなのですが、私が所属する日本カイロプラクターズ協会(JAC)がボランティアをサポートしてくれているので、数人のチームで行動ができ、一人一人の負担が軽減されるので、長期的なボランティアが可能となっています

今回、先遣隊として行動を共にしたのは、
Wecare chiropracticの吉川先生と、
山本カイロプラクティック研究所の山本先生

吉川先生は藤沢、山本先生は杉並なので、朝は早かったと思いますが、私は大宮から新幹線に乗車するので、幸いなことに起床は5:15(後で聞いたところによると、吉川先生は5:30に電車に乗られたそうです)

それから7:00過ぎの新幹線で合流し、新白河駅で下車、東北本線を乗り継いでお隣の白河駅に到着したのが8:20でした

そこから車で約10分移動し、白河総合運動場にある仮設住宅に到着です

集会所で施術を行いました
看板を設置し
カイロ・テーブルをセットして、準備OK

なんて手際よくはできず、準備をしている段階で数名の方が来られたので、あわててスタート

看板は途中でぶら下げ、室内の写真は最後片付ける前に撮影したものです

白衣に着替える暇もなく、私服で施術を行いました

この日は全体で20人程の方に施術を行うことができ、喜んでいただけたと思います

その反面、仮設住宅の現状を目の当たりにして、決して満足できる状況ではないことがわかりました

壁が薄く、隣の声がほとんど聞こえてしまうこと

部屋が何部屋あっても、各世帯にエアコンが1台で、非常に暑いこと

窓が少なく、湿気がこもりやすいため、結露がひどく、カビやすいこと

壁や屋根の間に隙間があるため、虫などが簡単に入ってきてしまうこと

冬の雪による底冷えが乗り切れるか心配なこと

被災地の報道は徐々に減ってきていますが、現地ではこれからの厳しい冬に対する不安が出てきています

仮設住宅は所詮「仮設」でしかなく、住むには不十分な施設に思えます

私たちカイロプラクターが最も貢献できることは、専門職であることを生かし、「カイロプラクティックを提供する」ことです

しかしそれ以外にも、現地での体験を少しでも多くの人に知っていただき、被災地ではまだ復興が始まったばかりで、継続した支援が今後も必要であることを伝える役目もあると思います

今後も定期的に現地に赴き、施術を行っていく予定です

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================

カイロプラクティックのボランティア(災害ボランティア報告)

みなさん、こんにちは
西口店の中北です

今回のブログは、5/18~19で宮城県亘理郡山元町にカイロプラクティックのボランティアに行ってきたので、その模様をお伝えしようと思います

5/18は、19:00に施術を終え、急いで他の先生方と合流

 

今回一緒にボランティア施術に行ったのが、
Wecare chiropractic 田島先生、吉川先生
パリナーマ茅ヶ崎 岡先生
そして私の総勢4名でした

他の先生方は神奈川県からの参加なので、先に電車で川口まで来られて、川口からレンタカーで出発です

19:30ごろ出発し、一路宮城県を目指します

途中佐野PAで夕食をとり

宿泊先の、宮城県白石市の「木村屋旅館」に到着したのは0:00でした

バタバタとお風呂に入り、明日のために早く寝ようとしたのですが、カイロプラクターが4人も集まるとカイロプラクティックの話に花が咲き、結局就寝は2:00ごろでした

起床は6:30で出発は7:00

そこからまた高速で現地に向かいます

その途中の高速道路から見えた景色は

あちこちに自動車が放置されています。おそらく瓦礫は撤去されたのでしょう。

壊れている家もありました。

目的地の「山元町中央公民館」に到着したのが8:30

滞在時間が短いのですぐに施術を始め、14:00の撤収までに全員で約50名の方を施術することができました

この日は滋賀県からもボランティアが来ていました

そして遠くから自衛隊

それ以外にも、多くのボランティアやスタッフが活動していました

私は現地に行くまで、「被災者の方々と、どのように接すればいいのだろうか」と考えていました。
そのため、少し気持ちが暗くなっていたように思います
しかし、現地に行ってみると、驚いたことに被災者の方々がとても明るく、逆にこちらが元気付けられました
もしかしたら、気丈に振舞っておられたのかもしれませんが、そうだとしても、被災者の方々の元気が私たちに力を与えてくれたので、私たちも120%の施術ができたと同時に、今後も継続してサポートを続けよう!と改めて決意しました

帰りは現地を14:30に出発して、18:30ごろに川口に到着しました

かなりタイトなスケジュールでしたが、とても良い経験ができました

現地で感じられた、数百人での一体感は、通常ではなかなか感じられないものだと思います
それぞれが別々に自分たちでできることをやっているのですが、それがまとまって大きな連帯感を生み出していて、私はその空間にいるだけで、非常に感動しました
あの一体感があるならば、東北は絶対に復興できます
今後も、微力ながら協力していこうと思います

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================

災害ボランティアができること。行く前に確認しておくこと

こんにちは、東口のもりりんです。

東北地方太平洋沖地震に被災したと思われる専門学校時代の友人が未だに安否確認が取れず、落ち着かない日々を送っています。

こんな時に自分は何ができるのかと無力感にさいなまれてしまいます。
日々報道される被災地の状況を目の当たりにするとと、考えるより行動ではないか?直接行って何かできることがあるのではないか?

と直結して考えてしまいます。

実際今の状況で仮に被災地に行ったら何ができるのでしょうか?

災害救援ボランティア活動が実際、現地の復興に大きな力を発揮しますが、西口中北先生のブログにある通りボランティア自身の行動と安全に責任を持つ必要があります。

また、行く際には必ず現地に設置されている災害ボランティアセンターに事前に連絡し、参加方法や注意点についても確認しなければなりません。

しかし、現在も災害ボランティアセンターの設置がすすんではいるものの、現地での緊急支援、状況の把握、道路等交通網の遮断、燃料・物資不足等により、実際に開設してボランティアの方々を受け入れる状況に至っていないところが大半だそうです。

ですので、こちらから気持ち一つで行っても現地の方々にかえって迷惑がかかってしまう場合も考えられます。

こちらに『全国社会福祉協議会・全国ボランティア・市民活動振興センターのボランティア関係の情報』(PC用)が載っていたので、ぜひ現地でという方は確認してください。

こちらには、『全国社会福祉協議会の災害時のボランティア活動について』(PC用)ありますのでこれも確認していただくと良いと思います。

被災地以外でもガソリン不足や放射能、停電など多くの状況の変化がある中で、個人個人が冷静に判断して落ち着いた行動をとることが、身の回りの大切な人、ひいては被災地の方々への貢献になるのではないかと思っています。

被災者ではない方も肉体的、精神的にも疲労している方もたくさんいらっしゃると思いますが、どうかご自身もご自愛ください。

いくら被災地の方々の気持ちを分かろうとしても、足りるとは思いませんが、本当に被災地の一日も早い復興を心より祈っています。

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================