骨・背骨

美白は危険?ビタミンD不足がもたらす健康のリスクとは

こんにちは、山田です

だいぶ日差しも強く、外出時には日焼け止めが欠かせない女性も多いのではないでしょうか。
多くの女性は美容の面から美白に対する意識が高く「透き通るような美肌になりたいわ」という方が多いと思いますが、日光にあたらないということで発生するリスクを皆さんはご存知でしょうか

今日は、日光浴不足によるビタミンDの欠乏や、ビタミンD不足が引き起こす、乳がんをはじめとした健康のリスクについてお送りします

ビタミンDとは・・・

ビタミンDは、ビタミンの一種であり、脂溶性ビタミンに分類されます。
骨が弱って変形する「くる病」の対策に有用として注目されるようになったビタミンです。

「アルプスの少女ハイジ」でクララがこの病気だそうです
「クララが立った」のは、アルプスで日光によく当たるようになりくる病が改善したのですね

ビタミンDは、 カルシウムやリン酸の血中濃度を正常に保ち、骨の健康リスク(くる病、骨軟化症、骨粗鬆症など)の予防として必要なのです。
このようにビタミンDは骨に欠かせない栄養素として知られています。

ところが最近、 ビタミンD は骨の健康を維持する以外にも大切な役割があることがわかってきました
ビタミンD不足は甲状腺機能亢進症、1型糖尿病や関節リウマチなどの免疫系の病気、乳がんなどのがん、インフルエンザなどの感染症リスクを増加させるという報告が多く出ています
これはビタミンDがリンパ球などを活性化させ、免疫力を高めることと関連しています

他には、高血圧や心筋梗塞などの循環器系疾患なども、ビタミンD不足が関連しているという報告があり、リスクを回避するためには1日1000IU(25μg)は摂取した方がよいという報告があります。

実はこのビタミンD、別名「サンシャインビタミン」と呼ばれ、日光(厳密には日光に含まれる紫外線)を浴びることで体の中で生成されるのです

株式会社SOUKENが行った調査(20~69歳の男女100名を対象に2012年9月実施)では、「1日平均して2時間以上日光に当たる機会がある人にビタミンD不足は見られない」という結果がありますが、現実的にはデスクワークの多い日常で、毎日2時間以上日光に当たる生活をしている人はそう多くないと思われます。

そして女性であれば、「美白」を考え肌を紫外線から守るUVケアや、極力日光に肌をさらさない服装に日傘など、ビタミンD生成に不利な状況が山のように積み重なっています。

株式会社SOUKENが血中ビタミンD濃度を調査したところによると、女性は約3人に2人がビタミンD不足状態、4人に1人は欠乏状態という結果が出ています

ですので、日光浴でのビタミンD生成は現実的には難しいですよね

それではどうしたらよいか?ということになりますが、ビタミンDを得るためのもう一つの方法があります。
それは「食事やサプリメントから摂る」です

ただ、食事からビタミンDを摂るといっても推奨されている1日1000IU(25μg)に満たない場合も多々あります。

原則は「規則正しい生活から」、ですが、市販のサプリメントで補ってみてはいかがでしょうか

健康的な美白、美肌を目指しましょう

もう一つ、手のひらは日焼けしないので、「手のひらを太陽に」向けるのも「手」ですよ

今日も最後までお読みいただきありがとうございます

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/ 無し
=======================

骨粗鬆症にならないためには日頃の運動習慣が大切です!!

こんにちは。もりりんです

今日は骨塩量について書きたいと思います

骨塩量と聞いてあなたはピンときますか

骨塩量とは骨密度のことで、一定容積の骨に含まれるカルシウム・マグネシウムなどのミネラル成分の量のことなんです

骨の強度の1つってことです

お年寄りでは骨塩量の減少(骨粗しょう症)によって、転倒により大腿骨頚部の骨折(足の付け根の骨が折れてしまうこと。)がその後の生活の質に大きな影響を与えます

というのも、足の付け根の部分には血管が他の部位よりも少ないので、骨折後の回復も遅いうえ。栄養の供給が乏しく骨自体も弱くなりやすいんです

大腿部の骨折をしてしまうと歩行ができなくなり。寝たきりになりやすくなります。そして身体の活動力の低下→体力の衰え→疾病の増大となり悪循環が起きてしまうんです

たとえば、お年寄りではなくても健康な青年男性を30から36週の長期にわたって1日中ねた状態にさせると、踵の骨の骨塩量は減少して、30週目で25%から45%の著しい減少がみられることが報告されているそうです。『動く・食べる・休む』より

でも、寝たきりの状態から通常の生活に戻り、身体を動かし始めると骨塩量は元の水準に戻るそうです

このことから、お年寄りも日常生活の中でできるだけ身体を動かすというのがとても大事になってきます

また最大酸素摂取量と大腿骨頚部の骨塩量の関係を調べてみると、最大酸素摂取量が高い者ほど骨塩量が高いということが1986年のPocokらの研究により明らかになったそうです

ちなみに最大酸素摂取量は、ハードな運動の時に摂取できる酸素の量でスタミナの指標になるものです

ですので日頃からウォーキングやジャンプなどしている方は骨にストレスを与えることにより骨の代謝が増進して骨形成が運動習慣がない方よりも促進されるということです

やはりこれも一朝一夕にはいきませんのでコンスタントに続けることが大切です

痛みがある場合は無理に行わず、まずお近くに整形外科などで画像診断や診察を受けて関節や骨に問題がないか確認してください

それでもなんだか違和感があったり痛みを伴う場合は骨格屋にお気軽にご相談ください

なんでもこつこつが大切なんですね
本日も骨格屋のブログを読んでいただきありがとうございました。もりりんでした(・◇・)ゞ
=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================

脳と身体と背骨のつながりを骨格商事の社長と社員に例えたら

こんにちは!東口店の中北です。
前回はトリックアートの不思議をブログで書いて、
脳と視覚の関係について書きました

さて(。・ω・)ノ゙、

背骨って何が大切なの
カイロは「神経のはたらき」っていうけど、どんな関係があるの

そんな疑問はありませんか?

そこで今回は 少々長めΣ(・ω・ノ)ノ & 自作の絵( ´_ゝ`) を使う強行に走りながら脳と身体と背骨の不思議なつながりをストーリーを用いて書いてみたいと思います!※この話はフィクションです(笑)

先に語句の説明(ここが大事です)!
社長:脳
部長:筋肉や身体の色々な感覚のセンサーにつながる末梢神経(伝令役)
その部下社員達:さらに末端部分の神経(実行役)
パイプライン:脳~脊髄部分の神経。背骨の中を通る。
トンネル:椎間孔(椎骨と椎骨の間の隙間で、神経の通り道)
椎骨とは背骨1つ1つの名前です。

それでは、ストーリーをお楽しみください。
「骨格商事の社長と社員」

骨格商事では、社員の話をよく聞き、信頼も厚い社長「コリコリ社長」がいました。

さて、そのコリコリ社長ですが、今日も無事に業務を実行するために、
社員全員に「動かして~」と命令を出しています。パイプライン(見える?)を伝って、会社の各部位に流れていく社長の声。

しっかり社長の声をキャッチした部長達は、
「オウ」とすぐさま反応を返して、骨格商事を円滑に動かしていくのですが、あれ?社長の声がごもって聞こえていない部長がいますよ

骨格屋商事2画像

聞こえていないのは、パイプラインのトンネル部分に問題があり、
「今日は社長の命令はまだ聞こえないから働かなくていいんだなっ
ひとりの部長がそう思っているようです。

そうなると、その部長の部下社員達も動くことはありません。
「カバーしなきゃ!」と近くの部長たちが余計に働き始めます。
最初は「大丈夫!大丈夫」と言っていたその部長たちも、そのうち何カ月も続くと、「もう駄目だ!辛い!」と泣きごとを言うように…。

その泣き言は、聞く方も耳が「痛い」声となり、
会社全体がそんな雰囲気に包まれていき、二次的な問題となってしまいました。

会社全体が「緊張状態」、部長に社長の命令が聞こえない限り、この悪循環は残ったままです…。

そこで社長!ひらめきました。
「このままじゃ、会社がもっと悪くなっちゃう…。よし!パイプラインの邪魔を取り除こう 」

今回は、通り道であるトンネルが少し圧迫を受けているということで、そのトンネルの部品をチェックして状態を立て直しました。
すると、聞こえていなかった部長の耳にも命令が届き、周りの社員君の仕事量がもとに戻り、さらに、会社全体も一団となって仕事をし始めるようになったのです。また元気な骨格商事に戻ることができたのです!

~~~チャン~~♪~~チャン~~

この話は、カイロプラクティックで中心に考えている神経系のお話です。
慢性の症状を抱えている方や、身体のはっきりしない不調を抱えている方はこの会社で言う、パイプラインの問題から二次的な問題まで発展している場合が多いです。
是非カイロプラクティックでケアをして、毎日の円滑な調子のいい身体を手に入れて頂きたいです!.。゚+.(・∀・)゚+.゚

********
さて!解説ストーリーです。上の骨格商事ストーリーと照らし合わせて読んで下さいね!
「神経の流れ」とは、カイロプラクティックで中心に考えている神経=脳から身体への情報の伝達という意味で使っています。

あなたの身体は、脳が身体の各部位に指令を出して、神経が情報を上手く処理することによって、快適に動くことが出来ています。筋肉・関節・神経・内蔵など…。忙しく働いて身体を維持しています。

さて、今日も快適に身体を動かすために、脳が身体の活動を始めようとします。
睡眠・休息の副交感神経優位の状態から、活動・運動の交感神経が優位に働く状態へと変える為に神経に情報を出しています。
「動かして~」っと、神経を伝って、身体の各部位に情報が流れていきます。

神経の流れと、その先の組織(筋肉や神経のセンサーなど)に何も問題がない場合は、
」とすぐさま反応し、身体を円滑に動かしていきます。

あれ?神経の流れが妨げられている場所がありますよ

神経は背骨の中を通ってから外に出てきますが、妨げている原因は、背骨の関節部分にあるようです。

「今日は脳からの命令はまだ聞こえないから働かなくていいんだなっ」身体はそう判断します。

この部分の神経の流れが滞ると、その先の筋肉も通常より力を発揮しにくくなります。「カバーしなきゃ!」と近くの同じ働きをする身体のどこかが余計に働き始めます(≧ヘ≦) ムゥ!
最初は「大丈夫!大丈夫!」と問題なくカバー出来ていましたが、そのうち何カ月も続くと、「もう駄目だ!辛い!」と疲労が溜まるようになってきます。

疲労して組織が傷つくと、身体に「痛み」を起こし、痛みが続くと、交感神経が緊張し身体がこわばっていきます。身体に二次的な問題まで起こってしまいました。

身体全体が、無意識でも「緊張状態」で刺激に過敏な状態であるなか、脳からは通常通り、命令が送られます。
しかし、神経の流れの妨げがある限り、身体の使い方は変わることが出来ず、この悪循環は残ったままです…。

そこで!ひらめきました。
「このままじゃ、身体は悪循環でもっとつらくなっちゃう…。よし!背骨のケアをしよう 」

今回は、背骨同士が作る、背中の関節の一部分が動きの悪くなっており、神経の流れを妨げているという状態でした。(=カイロプラクティックで背骨を見ているポイント

施術を行った後、神経の流れが妨げられていた部分にも命令が届きやすくなり、身体の使い方も緊張状態から元の楽な状態に戻りました!

さらに、身体全体も一体となって活動し始めるようになったのです。ここまでくれば、脳と身体の誤作動が、起こることもなく、また元気な身体に戻ることができたのです
チャン☆チャン☆

この話から、カイロプラクティックは「神経と背骨のつながり」を大切に考えていることが少しでも分かって頂けたら嬉しいです
それでは、来週の火曜日もお楽しみに☆

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================

背骨は一本の棒ではありません。背骨の健康の重要性とは

こんにちは骨格屋もりりんです。

さっそくですが、骨格屋では施術の中で背骨をとても重要だと考えています。

ということで、今日は『背骨』についてブログを書きたいと思います。

まず背骨は体を支える上でとっても大切なものです。

また、脊柱(せきちゅう)とも呼ばれます。まさに読んで字のごとく「人の体を支える柱」ですね。
例えるなら、樹木のようなものです。でも、樹木と違っているのは、背骨は木の幹の様に一本の長い骨ではないということです。

円柱状の骨が数珠繋ぎのように上下に連なって、一本の柱になっているんです。Σ(‘◇’*)エェッ!?

その一つ一つは椎骨(ついこつ)と呼ばれ、一番上の頭蓋骨の下から骨盤の上までで、
首(頸椎〈けいつい〉)に7つ+胸〈胸椎〉に12個+腰〈腰椎〉に5つ=合計24個です

みなさん、背骨が24個もの骨が関節しあって支えているというということを知っていましたか?

もし、一本の骨であれば体をひねったり、曲げたりできなくなってしまい、本当に樹木の様になってしまいます。

ちなみに、哺乳類では頸椎がほぼ7つと決まっていて、あの首が長いキリンも7つの頸椎なんです。一つの頸椎がとても長いんです。(゚∇゚ ;)エッ!?

ビックリですよね。

すいません。話がそれてしまいましたが、また人間の背骨は正面から見るとまっすぐに見えるのですが、横から見ると緩やかなS字を描いているんです。 

このS字の弯曲は上半身の重さを支えたり、体をねじるのに好都合なだけでなく、特に歩いたり走ったりしたときの上下運動の衝撃をやわらげる役目もあります。

例えば、ウォーキングの場合は体重の約8割
ジョギングではなんと体重の約2.5倍の負荷が腰にかかるんです。Σ(゚д゚;)

また、普段から姿勢の悪い人や無理な姿勢を強いられている場合は、このS字カーブの形が変わってしまいます。( ̄▽ ̄;)!!ガーン

すると、正常な弯曲があることによってショックを和らげているので、S字カーブの変形は、クッション性が減少し、背骨への負荷が増えます。
ですので肩こりや、中でも腰に最も大きな負担がかかっているので腰痛などの原因となる可能性がより高くなってしまいます。

もっとも、人間の背骨には、他にも負担をやわらげるための工夫があります。

椎骨と椎骨の間にある『椎間板』もそのひとつです。
背骨を説明するうえで、欠かせないものですね。
椎間板は軟骨であり、これが背骨同士のクッションの役割を果たしています。

しかし、普段の姿勢不良などで背骨のS字カーブができていない人は、注意してください。
S字カーブの減少があると、椎間板に大きな負担がかかりやすくなるので、ちょっとした拍子に
『椎間板ヘルニア』
を起こす危険性も高まってしまいます。(´;ω;`)

と言うわけで、背骨やその間にある椎間板にはこのように大きな負荷が常にかかっているのです。
また、背骨が一つの骨ではないからこそ柔軟に動きに対応できる半面、不安定でもあり、日常の姿勢不良や外力の影響も受けやすいと言えます。
これは人間が二足歩行である以上は避けられないのかもしれません。

だからこそ、日常生活の改善や背骨のケアは大切なのではないでしょうか。
骨格屋では施術だけでなく、その方に合った日常生活でのセルフケアもお教えしています。

背骨のことは骨格屋にお任せを

それでは今週も骨格屋のブログを読んでいただきありがとうございました。
いつか誰かを支えられる背骨のような男になりたいもりりんでした。(・◇・)ゞ
=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================