身体が冷えると風邪を引く!?‐日本だけの迷信じゃなかった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、井口です。

あなたも一度は母親から
「冷えると風邪をひくからもう一枚着ていきなさい!」
なんていわれたことが
あるんじゃないでしょうか?

このような古くからの知識は
どうやら実際に正しいらしいようです。

風邪の原因の1つである
「ライノウイルス (Rhinovirus)」は、
低い温度ほど増殖が早い事が
イェール大学の新しい研究によって
判明したそうです。

論文:Ellen F. Foxman, et.al. “Temperature-dependent innate defense against the common cold virus limits viral replication at warm temperature in mouse airway cells” (2014)

とは言っても、何をいまさら
って感じるかたも多いと思いますが

「この身体が冷えると風を引く」
というのは過去の研究では
否定的な結果が多く、
ただの迷信だといわれていたんです。

例えばどんな研究があったかというと

鼻の粘膜に風邪のウィルスをこすりつけた状態で
違う温度条件(-12℃でコート着用、16℃、27℃など)
においてどの程度風邪を引くかを比較した実験

とか

風呂上りに冬の家の外に出される実験

とか

水にぬれた服を着たまま
真冬の寒空に放り出される実験etc.

どれも風邪の引きやすさに
大きな違いは無かったようです。

とはいっても私自身、感覚的に
どうも納得いかない感じがしてたのですが

今回の研究で

”寒さがライノウイルスに抵抗する
私たちの免疫系の能力に影響を与えて、
実際に風邪を引くリスクを増大させるであろう”

事が証明されました。

ちなみに
ライノウィルスというのは
鼻やのどの風邪の原因とされるウィルスで、
大人の風邪の半分から3分の1が
此のウィルスが原因と言われています。

そして冷えると風を引きやすくなる理由は
ウィルスそのものではなく
我々の免疫力の問題、

つまりからだが冷えて体温が低くなると
ウィルスに対する免疫が弱くなる事で
風邪を引きやすくなるという事です。

という事で、この事自体も
特に目新しい感じはありませんが
ひとつの研究結果でまったく逆の結論になったり
論文の信用自体が問題になっている今日この頃
科学的な実験結果も鵜呑みにするのはよくないようですね。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ブログ内の検索

2015年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

コメントを残す


1 × 5 =