若いころはすぐに筋肉痛が出るのはどうして?

さて前回
筋肉痛!遅れてくるのは年のせい!?-年齢は関係ないんです」では

筋肉痛は壊れた筋肉が免疫細胞によって修復されるときに出る痛みでこの免疫細胞の働きのピークは2~3日後、しかも年齢には関係ない!ってことでしたw(゚o゚)w!

でも若い頃は確かにその日のうちに痛みが出てました!

その痛みは筋肉の修復時の痛みではなく 筋肉のハレ?が原因なんです。

すぐ出る筋肉痛の正体は筋肉のハレ

筋肉は激しい運動をすると筋肉内が酸欠状態になり疲労物質がたまります。

そうすると筋肉の水分量が増えて筋肉自体がむくんだような状態になり、腫れてくるんです!

いわゆる筋肉がパンパンになった状態で「パンプ・アップ」といわれています。

こうなってしまうと筋肉はうごかしづらくなりますし、この腫れた筋肉が血管や神経を圧迫してしまいより酸欠状態になってしまいます。

これが運動後すぐに出てくる筋肉痛の正体です!

シルベスタ・スタローンやシュワルツネッガーなど、肉体派?の俳優は筋肉をよりもりもりに見えるように撮影直前に激しいトレーニングをして「パンプ・アップ」させるそうですよ!

でもこのパンプ・アップ!見た目はよくなりますがスポーツをされる方は確実にパフォーマンスは落ちますのでご注意を!

ところで痛みの原因が違うのははわかったけどどうしてその違いができるのか?

実はここに年齢との関係が有りました!

この続きはまた次回!

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================