桜の花が散る前に・・・腓骨神経による足のしびれについて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


こんにちは、骨格屋の増田です。少しづつ暖かくなってきましたが、皆さん、いかがお過ごしですか?
ニュースでやっていましたが、桜の開花が少し遅いため、梅と桜が同じ時期に見られるとか・・・
楽しみですね。

というわけで今日は「足のしびれ」についてです。

なぜ「しびれ」かと言うと最近、骨格屋を初めて利用される方に「シビレ」を訴えて来る人が多く、まだ来院されていない「しびれ」で困っている方に少しでもお役に立てればと思ったからです。

小学生の頃、ホースで校庭に咲いているパンジーに水をあげていたら、いたずらでホースを踏まれて水が出ない。という経験がありませんか?

神経はホースとは違いますが、筋肉や骨の圧迫によってしびれや痛みが出ることがあります。
しびれや痛みと言ってもいろいろあります。
例えば中枢神経、脳と脊髄の異常によって起こるしびれや末梢神経の異常によって起こるしびれ
がありますが今回は末梢神経の異常によるしびれの一つの腓骨神経障害(ひこつしんけいしょうがい)についてお伝えします。

腓骨神経の働きとは
足首や足指を持ち上げたり、ふくらはぎの外側の皮膚感覚を支配することです。

腓骨神経障害
腓骨神経は、膝裏の近くでふくらはぎの外側を通っていて、この神経が圧迫されると腓骨神経障害がおこります。締め付けの強い靴下や長時間 足を組むことや腓骨頭骨折や膝の外傷などによってもおこることがあります。

症状としては
ふくらはぎの外側の痛みやしびれが出たり足が上げづらかったりします。

腓骨神経障害では腓骨頭あたりを叩くと足の方に響いたり(チネル徴候)、腓骨筋の筋力低下などが起こります。

まずは、禁忌事項を除外して筋骨格の問題と判断されれば施術の対象になります。
患部から見る場合、構造的に見る場合とアプローチの仕方は施術者によりいろいろあります。

足のシビレでお困りの方、桜の花びらが散る前に骨格屋に一度来院してみてはいかがですか?

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

2012年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

コメントを残す