こんにちは
骨格屋の井口です

そろそろインフルエンザのニュースがきかれはじめていますが
毎年これからの季節にはノロウィルスも流行しています

国立感染症研究所感染症情報センターによると
ノロウイルスなどにより嘔吐や下痢などの症状を呈する感染性胃腸炎の
小児科定点医療機関(全国約3000か所)当たりの患者報告数が
11月26日-12月2日の週は18.00人で
前週の13.02人から7週連続で増えたとのことです(゚ロ゚;)エェッ!?

これは2002年以降の同時期と比べると
06年に次いで多く
今年はなんと大流行の危険があるようですw(゚o゚)w オオー!。

という事で今日はノロウィルスについてです。
厚生労働省によると
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/yobou/040204-1.html

毎年12月から3月ごろ、これからの季節に多発します。

症状は下痢だけではなく
嘔吐を引き起こすことが特徴で
熱はあったとしても
それほど高熱にならないことが一般的です。
嘔吐(おうと)・下痢は一日数回から
ひどい時は10回以上の場合もあります

通常、これら症状が1~2日続いた後
治癒し後遺症もありません
また、感染しても発症しない場合や
軽い風邪のような症状の場合もあります。

そして残念ながら発症したら
このウィルスに効果のある薬はありません(; ̄Д ̄)
ですので安静にして自然治癒力に任せるしかありません。

特に、体力の弱い乳幼児、高齢者は
脱水症状を起こしたり、体力を消耗したりしないように
水分と栄養の補給が大切です

脱水症状がひどい場合には
病院で輸液を行うなどの治療が必要な場合もあります

またつらいからと言って
いわゆる下痢止め薬で下痢をとめてしまうと
ウィルスが体の中に留まり、
かえって病気の回復を遅らせることがあるので
使用しない方がいいようです。

そしてその感染源ですが
過去のノロウイルス食中毒の調査結果では
食中毒事例のうち約7割では
原因食品が特定できていないようです

その中には、ウイルスに感染した食品取扱者を介して
食品が汚染されたことが原因となっているケースも多いとされています。

そのほかの原因としては、
ノロウイルスに汚染された二枚貝があります。

ノロウイルスに汚染された二枚貝による食中毒は
生や加熱不足のもので発生しており
十分に加熱すれば、食べても問題はないようです。

他にも感染者のふん便やおう吐物からの感染も多いようです。

下痢であれば、ウイルスはトイレで流されるため
広がりにくいのですが
嘔吐の場合、適切に処理・消毒をしないと
ウイルスが床に残ります。

このウィルスは乾燥にも強いので
その床に残ったノロウィルスがホコリと共に空気中に舞い上がり
感染が広がっていくこともあります

そのため消毒には市販の台所用塩素系漂白剤を薄めたものが必要です。
アルコールでは消毒されないので注意してください。

そして何より手洗い

トイレの後、食事の前、調理の前、おむつ交換の後、
嘔吐(おうと)物や下痢便の処理の後等では
流水・石鹸による厳重な手洗いが必要です。

また、嘔吐(おうと)・下痢症状のある方とのタオルの共用は避けてください。

下痢の症状がなくなってもしばらくはウィルスが残っていますので油断をしないようにしてくださいね
そしてなにより、十分な睡眠とバランスの良い食事、適度な運動、そしてカイロプラクティックケアが大切ですよ

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/ 無し
======================