「思いどおりの自分」「なりたい自分」を演じることの重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

皆さんこんにちは骨格屋の増田です。

梅雨らしく蒸し暑い日が続いていますが、体調はいかがですか?

沖縄はもう梅雨明けしたとのことですが、関東はまだですので蒸し暑さに負けず頑張っていきましょう。

それではさっそくですが、前回は「何かをやろうと思っていてそれが困難なことではないのにも関わらずできないとしたら無意識の中に何らかの心理的障害があるかもしれない。という話をいたしましたが、

今回はその解決法です。

「無意識の抵抗」を克服し、乗り越えるためにはどうしたらいいかを、前回同様、脳機能学者の苫米地先生の説に従って説明いたします。

まず「できる」という演技をする!

さまざまな方法がありますが、一番有効なのが「演技」をすること。

演技をすることは「思いどおりの自分」「なりたい自分」になるためには有効な手段です。と苫米地先生は言っています。

しかし、この「無意識の抵抗は厄介なことに、形を変えていろいろなところに現れます。

例えば「誰でもやりたいことや、やらなければならないことがありますが、それに対して「恥ずかしいからできない」という心理が働くことがあります。

これも無意識の抵抗の一種と苫米地先生は言います。

また英会話に自信のない英語教師が
もう一度、英会話の勉強をやり直したいけれどなかなか行動に移せないとします

こういった場合「英語の教師なのに英語を勉強していることを知られるのは恥ずかしい」という心理的な抵抗が働いていることが多いとのこと。

日本人で英語がなかなか上達しない人もまたこういった「恥の意識が」邪魔をしているようです。

完璧に話さないと恥ずかしいという勝手な思い込みから機会があっても話そうとしません。

ヨーロッパ人やインド人は下手な英語でも気にせずに喋りまくります。

彼らにとってそれは恥ずかしいことではないからです。ブロークンなイングリッシュだろうがどんどんしゃべりまくるとのこと。

ところが日本人は下手な英語を使って笑われたくない、と考えがちで「まだ話せるレベルじゃない」と

せっかくの機会があっても生かせずいつまでたっても上達しないということがあります。

こういった「笑われるのが恥ずかしい」という「無意識の抵抗」は「演技」で乗り切ることが出来ます。

下手な英語でも気にせず話す気さくな人物を演じるのです。

下手な英語を積極的にしゃべって、もし笑われてもあくまでも演じているのでから「本当の自分じゃない」

というわけです。

そう思えば恥ずかしさは半減します。

役者がスクリーンやテレビの中でいろいろな役が出来るのも演技だからです。

間抜けたキャラクターや卑劣なキャラクターは役柄に過ぎず、本当の自分ではありません。

だからこそ、平気で出来るのです。

もし映画やテレビでの役柄が自分そのもの姿だったら恥ずかしさや自責の念など様々な心理的抵抗が先に

たってしまいとても人前で開示することは難しいかもしれません。

「何かやろうと思っていて「無意識の抵抗」がある感じた方は、「出来る演技」をしてみてはいかがですか?。

最後まで読んでいただきありがとうございました
=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ブログ内の検索

2013年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

コメントを残す


20 + 10 =