皆さん、こんにちは、骨格屋の増田です。

散る桜、残る桜も散る桜

本日は4月4日(金)昨日今日の天気でサクラもだいぶ散っています。

しかしサクラは咲いてもよし、そして散ってもよいですね。

4月5日(土)6日(日)は天気はよさそうなので、お花見するなら今週がいいと思います。

(来週の土日は葉桜かも知れませんから)

今回はサクラのように咲いてはパッと散っていく

短めのブログ「笑顔」についてです。

ある大学病院の入院患者アンケートで

「あなたはどんな看護師さんが好きですか?」

たずねたところ(凄いことを聞く病院ですね)

結果はどうだったと思いますか?

それは技能の高さでもなく、知識の豊富さや経験年数でもなく

なんと、よく笑う看護師さんが一番人気だったそうです。

看護師さんのこんなエピソードがあります。

映画評論家の故淀川長治さんが

東京の大学病院に入院した時、

看護師さんたちは忙しすぎて、怖い顔に見えたので

淀川さんはあることを思いついたそうです。

それは「このドアを開ける人は笑顔で入ってきてください」と

病室のドアに一枚の紙を張り付けたとのこと。

検温のためにドアを開けようとした看護師さんは、このメモに気づき

ニッコリ笑顔で淀川さんに話しかけたとのこと。

この話には続きがありまして

この笑顔の輪は病院中に広がり淀川さんは

病院長にとても感謝されたそうです。

この話は看護師さんだけでなく、すべての人に当てはまりそうですね。

ヒトの体は使えば発達する、使わなければ退化するという法則があります。

いつも鬼みたいな顔をしていると、その表情筋だけが発達して固まってしまい

いざ笑おうとしても、ひきつった顔になってしまいます。

泣くも一生、笑うも一生ならば今生泣くまいぞ。という言葉もありますので

笑っていきたいものですね。

最後に「笑芸人しょの世界—泣くも一生 笑うも一生 ならば今生 泣くまいぞ。」高田文夫さんの本より
小話1つ抜粋しました。

◆林家ぺーの留守電。

林家ぺーの留守番電話が凄い。

先日かけたら、

「もしもし、林家ぺーです。

只今留守にしております。

ぺーと鳴りましたら、お名前と誕生日をお願いします。」・・・

用件よりも誕生日を吹き込まなきゃいけないのである。

骨格屋の留守番電話も、もしかしたら、こうなっているかもしれませんがその時は

「お名前と誕生日と気になる症状をお願いします。」

最後まで読んでいただきありがとうございました。
=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/ 無し
=====================