梅雨に長引く咳は風邪じゃない!?カビが原因の夏型過敏性肺炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、骨格屋の井口です。

梅雨らしいじめじめした日が続きますが
この時期のしつこい咳や微熱、倦怠感などの症状
もしかしたらただの風邪ではなく
夏型肺炎とも言われる
夏型過敏性肺炎かもしれません

その原因は
トリコスポロン・クタネウムというカビ

梅雨以降の高温多湿でこのカビが繁殖し
そのカビの胞子を吸い込む事で起こる肺炎です。

もしも、
・毎年この時期になると咳が出てくる
・秋になると症状は出なくなる
・旅行や出張すると症状が改善する
・自宅にいると症状が出る
・職場にいると症状が出る
・同じ職場で咳をしている人が何人かいる
・引っ越してから咳が止まらない

などが思い当たるようなら要注意です。

ただの風邪と思って何年も繰り返すうちに
慢性化して肺の機能が弱まってきてしまい
原因になるカビが無くても
咳が出やすくなったり、
肺の機能が弱くなってしまい、
ちょっとしたことでも息切れを起こすように
なってしまいます。

酷くなると肺が萎縮してしまい、
呼吸がうまく出来なくなって
危険な状態になってしまうこともあるんです。

あやしいと思ったら早めに受診しましょう。

そんな夏型過敏性肺炎を予防する為にも
残念ながらすでに夏型過敏性肺炎だった場合も

カビの胞子を吸い込んでしまう事が原因ですので
カビを取り除き、カビの発生を抑える
カビ対策が重要になります。

そもそもカビは
室温20度湿度60%以上で発生しやすくなり、
80%以上で爆発的に増殖するので
まずは室内の換気をしっかり行いましょう。

特にお風呂や洗面所、洗濯機の周りや
エアコンの中は要チェックですが
家具の後ろの壁や押入れの中、
カーテンに隠れた窓のサッシなども
カビが発生しやすいので要注意です。

もしカビが発生しているようなら
カビ掃除が必要ですが
水洗いできる場所なら、
カビ取り剤などで除去したあと、
乾いてから消毒用アルコールを塗っておくと、
カビが生えにくくなるようです。
・・・が一度発生したカビは完全に取り除く事が難しい場合も多く
大掛かりなリフォームや引越しが必要になることも・・・

という事でまずはしっかり換気と掃除
身体と同じくカビにも予防が大切です。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ブログ内の検索

2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

コメントを残す