健康的なダイエットとアンチエイジングには抗炎症食品がカギ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは山田です(*^_^*)

炎症期は安静にしていてもズキズキと痛みがあり不快なものですね。
しかし炎症には病原菌を抑制したり、傷の治癒を早めたりする効果があり身体が元々もっている治癒反応なので必要なのです。

慢性炎症

ただし傷がないのに炎症だけが続いてしまう「慢性炎症」というのは、身体の老化や癌、リウマチ、アルツハイマー病、関節痛、糖尿病など様々な病気の一因になると考えられています。

~以下自治医科大学大宮医療センター 医学博士 早田 邦康先生の記事から引用~
引用元は 「アンチエイジング(抗老化)、ポリアミンによる炎症抑制がカギ」です。

加齢に伴って増加する生活習慣病や老化そのものには、炎症が密接に関係して いるといわれています。炎症(inflammation)と老化(aging)から作ったインフラ メイジング(inflamm-aging)という造語がありますが、これは炎症と老化がきわめ て密接な関係にあることを示す言葉です。動脈硬化、アルツハイマー病、慢性関節炎 等の生活習慣病の発症には炎症が関与していることがはっきりしています。

また、慢性炎症が繰り返し起こっている場所(臓器や組織)には癌ができやすいことが判っています。これは、炎症が繰り返されることによって遺伝子が傷つき、徐々に 遺伝子が変化して、結果として癌化すると考えられています。実際に、炎症を押さえ込む薬(抗炎症剤)を飲んでいる人は大腸癌になりにくくなることも判っています。

つまり、アンチエイジングを考える上で重要なのは、必要のない炎症をいかに押さえ込むかということです。
~~ここまで引用~~

身体の中でくすぶっている「慢性炎症」を抑えることが、生活習慣病の予防やアンチエイジングにとっての重要なカギになるということですね。

炎症を助長する食品

では逆に、炎症を助長する作用がある食べ物もあるのでしょうか。
「炎症を助長する食品」
精製穀物(白米や精白小麦など)のようにグリセミック指数が高い食品や砂糖、ナトリウム、トランス脂肪酸(マーガリンなど)、肉、加工肉、オメガ6脂肪酸(コーン油、綿実油、大豆油に多く含まれる)などが炎症悪化の一因となる食品です。

あ、そうそう、肥満も炎症悪化の要因になるそうですよ(TДT)

ようするに、高糖分、高脂肪(悪い油)が炎症を助長するわけですねノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

抗炎症食品

それでは、「抗炎症食品」の紹介です(*´∇`*)
・たまねぎやしょうが、長ネギ、にんにく、にら、パセリ、セロリ、ウコン、シナモン、クミン、コリアンダー、青魚やサーモンに含まれているEPA、DHA、納豆、チーズ、ヨーグルト、発酵食品、キャベツ、ブロッコリー、ローズヒップ、カモミール、根菜、柑橘類、ブドウ、トマト、パイナップルなど、多くの緑黄色野菜や魚に含まれています。

このような食品をとっていると痛みの軽減やアンチエイジング、生活習慣病の予防だけではなく、健康なダイエットも成功しそうですね(* ̄∇ ̄*)

今日も最後までお読みいただきありがとうございました.。゚+.(・∀・)゚+.゚

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ブログ内の検索

2015年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

コメントを残す


3 − one =