手品のような鮮やかな手並み。『ハットトリック』の語源とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは
骨格屋の人種のるつぼこともりりんです

寒さに負けず頑張っていきましょう

いきなりですがハットトリックって1度は聞いたことありますよね。
サッカーなどの試合中に1人の選手が3得点以上することです

なんでハットトリックというかご存知ですか

直訳すると「ハット・・帽子の。トリック・・・奇術(手品)。。。。。」意味不明ですね

そもそもこの言葉の由来はクリケットで使われたことに由来します

クリケットは13世紀頃、イギリスで発祥しました。11人編成でボールをバットで打って得点を争う野外競技で、野球のルーツとも言われているスポーツです

でも野球と違うところはとても高得点ゲームなんです

1人の打者(バッツマン)が200~300点と得点することもあるそうです
だから、投手(ボウラ―)が打者を無得点で打ち取ることはとーっても難しい競技なんです

そこで1回の中で3球で3人アウトにすると記念に真新しい帽子を送られました

またハットトリックはもともと1880年代に人気を博していたシルクハットを使う手品のことで、その手品の鮮やかな手並みに例えて、クリケットの偉業を「ハットトリック」と呼ぶようになったそうです

これが、後にサッカーやホッケーでも1試合に3得点するのが容易ではないことから使われるようになったということです

ちなみにサッカーのハットトリックはゴン中山こと中山雅史選手が1998年に記録した4試合連続。これがギネスブックに載っています。(2012年8月時点)

球技が苦手な自分からするととてもカッコ良くて羨ましいです
それにしても4試合連続はすごいですね

ハットトリックは「ハッとするぐらいもの凄いプレーという意味」ではないですからね

そう言い張る人が居たらこの雑学を教えてあげて下さいね(^^♪。。。。ちゃんちゃん

ということで今日も骨格屋のブログを最後まで読んでいただきありがとうございました
もりりんでした。(・◇・)ゞ
=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/ 無し
=======================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ブログ内の検索

2012年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

コメントを残す


five × 4 =