カイロプラクティックが目指す健康-体が正常に働く自然な状態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさん、こんにちは
西口店中北です

今週は先週のブログの続きで、「痛み~健康」のラインで書いていきます

先週は、

1.身体に問題があって、痛みがある
2.身体に問題があって、痛みがない
3.身体に問題が無くて、痛みがある
4.身体に問題が無くて、痛みがない

以上のうち、1と4は正常な反応で、2と3が異常な状態である、ということを書きました

「でも、1みたいに痛みがあるのは病気ってことじゃないの」。゜゜(´□`。)°゜。

このように考えている方も多いのではないでしょうか?

「痛みがある」=「病気」=「不健康」

この方程式だと、1は「正常な状態だけど不健康」ということになります

確かに、「病気」では痛みを伴うものが多いのは事実です

けれども、実は私たちは、「痛みがある」のに「健康である」ということを頻繁に体験しているんです

みなさん筋肉痛の経験はあると思います

激しい運動後に、痛みを感じるアレです

そして、この痛みは数日後には消えて無くなります

この時、体内で何が起こっているのかというと、

1.激しい運動で筋肉が壊れる
2.痛みと共に筋肉の修復が始まる
3.組織の治癒が終了すると、痛みが消える

このような過程を経ています

それでは、この時の状態は「健康」でしょうか?「不健康」でしょうか?

それとも「病気」でしょうか?

筋肉痛が出たときに、「病気」や「不健康」だと思う人はほとんどいないと思います。

では、何なのか………

そう、「健康」なんです

痛みがあっても健康」なんです

「痛みがあっても健康だなんて…。じゃあ、健康っていったい何なのー!!」( ̄▽ ̄;)!!ガーン

実はここがカイロプラクティックの非常にユニークなところです

カイロプラクティックの目指す健康を簡単に言うと、

「問題のあるところに痛みを感じ、問題のないところに痛みを感じない、人間本来の自然の状態」となります

そして、上記の筋肉痛の例で重要なポイントは、痛みを感じることで、自分自身で身体の損傷を治癒しているということです

私たちの身体は、とても優れた自己治癒力をもっています

傷はかさぶたを造って修復させ、細菌やウイルスとは常に戦って侵入を阻止し、骨折が起こっても骨をつなげてしまいます

カイロプラクターは、この素晴らしい力が最大限に発揮されることこそが、真の健康だと考えています

そしてそのためには、現在の身体の状態を正しく認識し、適切な対応ができる状態でなければならないわけです

となると、最初の4つの選択肢のなかで、カイロプラクティック的に健康ではない状態、いわゆる不健康な状態は、2と3ということになります

では、カイロプラクティックでは何をするのか?

カイロプラクティックでは、背骨の問題がこれらの情報伝達を阻害していると考えています

なので、背骨の問題を見つけ出し、それを除去することで、自分の力で身体の損傷を治癒できるようにしているのです

最初の4つで説明すると、

2と3の状態を、カイロプラクティックで1か4の状態にし、1の状態なら本人の自己治癒力で問題解決する

ということになります

それでは、本日のまとめです

1.痛みがあっても健康な場合がある

2.カイロプラクティックの目指す健康とは、「自分の身体が正常に働く自然な状態」である

3.カイロプラクティックは、情報の伝達を阻害している、背骨の問題を取り除く

前回と今回のブログは、いつもより難解だったかもしれませんが、いつか書きたいと考えていたものなので、今は完成した余韻に浸っています…

そろそろ、窓の外が明るくなってくる時間帯です

心地よい達成感と疲労感に包まれながら、頭に浮かんだ一言

「自分でハードル上げすぎたなぁ…」

=======================
川口のカイロプラクティック 骨格屋
http://www.kokkakuya.biz/
フリーダイアル
0120-598-249
埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街2F
予約受付時間/9:30~19:00
定休日/不定休
=======================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ブログ内の検索

2010年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

コメントを残す


fourteen − 6 =